サキの先の先 家庭内暴力&虐待日記

私(独身&省エネ体型)と娘(元姪)+幼女ボーちゃんによる家庭内暴力&虐待日記(母受け・娘&幼女責め)。

娘、バスケ部を泣かせる

娘「いや、だってさぁ」
私「いや、だってじゃなくてさぁ(笑」
ボーママ「サキ、茶化しちゃダメ」
ボーちゃん「お姉ちゃん、進歩ないねぇ?」

私&娘&ボーママ「「「ん!?」」」

おまゆう。お前さんは出会った頃から不思議ちゃんなとこ、変わってないぞ?

私「娘、もう体育以外辞めておきなよ」
娘「あー」
ボーママ「本当はダメなんでしょ?」
娘「まぁ。でも顧問の先生も黙認してる感じだったんだよね」

娘が友達に会いに夏休みの学校に行ったらバスケ部にちょっとやろう、と誘われたそうです。

私「で、無双した、と」
娘「まぁ」
私「で、泣かせた、と」
娘「勝手に泣かれたのを泣かせたと言われても」

もうスポーツ選手になれば?

娘「スポーツ選手って食べていけるの?」
私「サッカーはあんまりなイメージ。バレーも実業団くらいか?」
ボーママ「ゴルフ?」
娘「あー、好きくない」

出来るくせに精密作業嫌いだよね、君。

ボーちゃん「あたし好き」

あー。意外と不器用なくせに好きだよね、君。
ボーちゃんの場合、時間をかければクリア出来るような作業得意です。
根気強い子。

私「私は生きるのが苦手」
娘「知ってる」
ボーママ「知ってる」
ボーちゃん「あー」

あーって。

娘「なんか、なんで泣くかなぁ?」
私「悔しいんでしょ」
娘「悔しいなら頑張ればよくない?」
ボーママ「娘ちゃん、あのね、頑張ってもなかなか出来ない人って居るんだよ?」

残酷だが真実を告げるボーママ。
世の中小器用な人間ばかりじゃないのです。

私「あんたは何でもすぐに平均以上にこなせる人間なんだよ」
娘「天才っすね!私天才っすね!?」

うざ。

ボーちゃん「お姉ちゃんのそゆとこ、どうかな?」
娘「うっ」

疑問系で投げっぱなしジャーマンのボーちゃんがえぐい。

娘「まぁ自重するよ」
私「あんたはまず、何か熱中できること探せば?」

娘、意外と無趣味というか。
日々の鍛錬や勉強は欠かさないのですが、意外と暇を持て余してるであろう時間をよく見ます。
読書で誤魔化しているようですが、集中してねぇな、という瞬間をよく見ますね。

娘「あー。なんか、熱くなれる奴?」
私「自分で探しなさいな」
娘「うーん・・・」

幼少期はともかく、その後は成功体験ばっかりな娘はあまり挫折を知りません。
劣等感とかも無さそう。
ボーちゃんはマイペースなようで意外とコンプレックス持ちで努力の意味を知っている子です。

私「平和に読書したいならそれでも良いんだけど、つまんないなら他の探しなさいな」

ボーちゃんは野菜作り、ボーママは料理や掃除、私はYOUTUBE観賞とかサブカル専門。
娘は運動と言えば運動だけど体力有り余ってるのを消化するのが目的にしか見えません。

ボーママ「裁縫とかは?」

まさかの。

私「あー。良いかもね」
娘「えー?うーん?」
ボーママ「明日、裁縫用品店行って見る?」
ボーちゃん「針金買って来て。錆びないビニールの奴」

いや、裁縫だって。何に使うんだ。いや、家庭菜園だろうけど。

娘「まぁ。行ってみようかな」

裁縫女子誕生か!?





と思った時代が私にも有りました。


ボーママ「ごめん」
私「いや、別に良いよ?(笑」

娘が選んだのは、レザークラフト。

私「娘、必要なもん遠慮なく買っていいから(笑」

皮革を加工するとかって、確かに裁縫かもしれないけど、そうじゃない(w

娘「ありがと。意外と革って高くて申し訳ないんだけど」
私「気にすんな、買った分はしっかりやりな」

なんか、力強い奴です(w

そう言えば革好きだからなぁ。
数年前に買った革のカバン、未だに使ってますし。

ボーちゃん「お姉ちゃんお姉ちゃん」
娘「ん?」
ボーちゃん「ハサミ入れるの作って。腰につけたいの」

なんと実用的な。

娘「おー。良いね。頑張るよ!」
ボーちゃん「すぐ作ってね?」
娘「我侭じゃね!?」
ボーちゃん「こう、鉄砲みたいに取りやすいやつがいい」
娘「えっと、出来るかなぁ?」

一時期首に紐掛けてハサミぶら下げてた子なので娘には是非頑張ってほしいです。
流石に危ないので今は道具袋を小分けにして持たせてますけどね。

ボーママ「なんか娘ちゃんて必ず斜め上に行くんだよね」
私「あんたの娘は異次元だけどね」
ボーママ「・・・私達ってちゃんと親やれてんのかな?」
私「不安になるねぇ、確かに(w」

でもこの二人、放置しても勝手に伸びてく雑草魂持ってるからまぁ大丈夫だと思うの。
スポンサーサイト

酷いの採用すんな!


ボーママ「サキ、あの人やばいよ」
私「は?誰?」
ボーママ「補充で入った営業の一人」

私、会ってませんでした。というのも、最近はずっと外食の方ずっと見てて。

正直、パート入れれば従業員100人近いんで一々私が面接とかしませんしタイミングが合わないと顔も合わせなくなっちゃいます。

私「二束のわらじの弊害だなぁ」
ボーママ「全部見ようとするのは無理だと思うけど、人の配置くらいは把握した方が良いと思うよ」

ド正論。いや、でも、私の意志入れようとするとどうしても面接とか書類審査でタイミングずれてまうのよ。

私「物理的に無理。どっちがどうやばいの?」

言い切る。理想と現実と私の体力には非常に大きく深い溝が有りますから。
営業は二人で一人は23歳、郵便局辞めた男性で印刷所の社長の息子。要はコネ。
もう一人は25歳女性、元車メーカー系ディーラーの営業。

私「誰よ?」
ボーママ「女のほう」
私「悪い報告は無いけど?」
ボーママ「身体売ってるぽい」

部長が女性が活躍する職場的なものに憧れが有るらしく「まぁやってみれば」と放置した案件でした。

私「・・・・・マジ?」
ボーママ「確証はないけど、営業後にシャンプーの匂い」

うち、歩合要素、ない訳じゃないけど、十万も二十万も、そうそうすぐ貰えないよ?
保守業務多いから・・・ボーナスは頑張って出してるけど・・・

私「どんな奴?」
ボーママ「仕事出来ると勘違いしてる系。全体的に雑。ドクターXを悪い意味で真似してる感じ」

ボーママがぼろくそに言うとかって。

私「直接なんかあったの?」
ボーママ「私は特にはないよ」
私「ならいいけど、実績はどうなの?」
ボーママ「目に見えて増えてるよ」

うーん。うーーーーーーーーーーーーーん。
困る。無能でルール違反するなら切れるんだけど、このケースは初めてだ。

私「でも実際本当に身体使ってるかどうかって解らないよね?」
ボーママ「私の勘がだから証明は出来ないけど」

ボーママの勘ほど私が信用してるもんないので余計に困るわけです。

私「外で彼氏と会ってた、とかの可能性も有るんじゃない?」
ボーママ「彼氏は居ないって言ってたよ。それにそれならそれで問題じゃない?」

いや、営業はやることやってくれれば別に余った時間をどうしようとどうでも良いんだけどね。

私「証拠が足らないなぁ」
ボーママ「まぁ無いけどね。一応言っておこうと思って」

orz 面倒臭ぇ

翌日、私、久々に専務として参上。朝礼に参加しました。

私「おはようございます。久々で申し訳ないです。6月の話で恐縮だけどボーナス頑張ったけど、不満が有るならもっと稼いでください。毎回社長とバトルして私の胃に負担が掛かる作業ですが、守るより攻めた方が楽なので是非宜しく。新しい仲間も増えてるわけでこれから更なる躍進を期待してます」

とかなんとか適当に言って、新入社員と中途二人に時間作ってもらって面談。

新卒組は、まぁスレてないから雑談で終わりました。
若さと素直さって比例すんのかね。


中途一人目、郵便局辞めた男。

私「なんで郵便局辞めたの?」
中途A「自分に合わないと思って」
私「ここも合わなければ辞めるの?」
中途A「あ、え、が、頑張ります!」
私「うん、頑張って。何かあれば言って頂戴」

部長「何圧迫面接してんですか」
私「一応威厳を見せて上下関係をはっきりしようと思って」
部長「器が小さい(笑」

うるせぇよ。女だからハッタリとかマウンティング大事なんだよ。


中途二人目、元車ディーラー営業。

元車女「女性で専務って凄いですねぇ」

お前から話題振るのかよ。聞く姿勢がない。

私「まぁ私は有能だからね。貴方も頑張ってね?」

ジャブ。一瞬表情が変わって、ムッとしたのかスイッチ入ったっぽい目。

元車女「あはは、凄いですねぇ。私も頑張らなきゃ」
私「女で営業って大変だろうけどね」
元車女「慣れてますから大丈夫ですよ」

営業スマイル。うーん。相手の方が上手だなぁ、と思ったので方向転換。

私「あなた、美人だから客から誘われても上手くかわしてね?(笑」
元車女「・・あはは、私なんて誘われませんよ~。専務の方がモテるんじゃないですかぁ?」

うざっ。

私「全然だよ。ははは。もし取引先の担当者と関係持ったらクビだから注意してね?(笑」
元車女「え」
私「そんなこと、しないと思うけど、誘われることもあるかもしれないしね?(笑」
元車女「いやいやいや~無いですよ~(笑」
私「独身者相手で取引関係無く、個人的な時間に個人的な付き合いだったら構わないけど、不倫とか複数と付き合うとかされてトラブルになると困るからさぁ?(笑 まぁ? 無いと思うけどね? 無いと思うけどねぇ?」
元車女「・・・・・・その言い方って疑ってますか?失礼じゃないですか?」

切れたーーーーーーーーーーーーーー!
ただ、私は女ですからね。このくらいじゃパワハラにならないし、セクハラも無理でしょう。

私「はぁ?失礼って何が?その態度の方が失礼じゃない?」
元車女「私がまるでそんなことしてるみたいな言い方じゃないですか!」

図星だから怒ってるように見えるんだけど。私の煽りスキル、ボーちゃんのお蔭で上がってる気もしますけど。

私「○○町、三丁目でさぁ。楽しそうだったなぁって。私、親会社のほうの仕事でよくうろつくんだけどね?楽しそうだったなぁって。そういえば、彼氏居ないって聞いてたけど、あれ誰だろ?知ってるけどさ(笑」
元車女「え!?み、見てたの?」

アホだ。こいつアホだ。
誰が楽しそうとか言ってないし、誰の彼氏が居ないって聞いたとは言ってないし、単なるホテル街です。

私「正直に言えばまだ間に合う。どこの誰と、関係持った?」

かまかけたらゲロりやがりました。短い期間で5人。
懲戒免職出来る案件じゃないけどそれちらつかせながら。

全て既婚者。

おい。おいおいおいおいおいおいいいいい!
奥さんにバレたら会社が訴えられるわアアアアあああああああああああああああああああ!
勤務時間中にそんなんしてたら会社も管理責任有るわ!
そうでなくても取引先の担当者と不倫関係とか不貞とか対外的にアウトだっつーの!

殴りたくて仕方なかったけど負けそうなので我慢。いや、負けそうとか関係なく暴力はダメだけど、この節操の無い性獣、どうしてやろうかと胃に穴があきそうでした。

とりあえず、社内的、対外的には営業の前に今一度倉庫を経験させるということで引っ込めました。
ここ数日は事務員として頑張ってます。

事実は部長と社長にだけ伝えました。

哀の説教部屋(社長室占拠)

私「部長?」
部長「はい、すみません」
私「まだ何も言ってないよ?」
部長「はい」
私「部長、そういう前例作るとさぁ?」
部長「仰るとおりです」
私「部長が身体使うってんなら良いけど?」
部長「勘弁してください。私も知りませんでしたので」
私「売り上げ上がってたじゃん?新人で変だと思わなかったの?」
部長「まさか、そういう事になってたとは。女性だからものめずらしさとかかな、と」
私「そう。随分品が無いねぇ?えー?だーれーがー採用したぁ?」
部長「私です」
私「最終的、対外的には経営陣の責任になるけどね?」
部長「はい」
私「私は家族に、自分からとは言え社員が身体売って稼いだ金でメシ食わせたくないよ?」

風俗を否定する訳じゃないです。そういう商売ですから。

私「部長の娘、短大生だったよね?確か、このグループも視野に入れてるって話だったよね?
縁故は今、うちのグループじゃ奨励されてるけどそんな会社に入れたいか?他の社員だって入れたくないだろ?」

これが全てです。風俗なら割り切れるでしょう。ただ、ブラック企業や非道徳的な会社にどこの親が入れたがる?

と、謝るおっさんにひたすら嫌味を言い続けました。

私「なぁ?なぁ?なぁなぁなぁ?聞いてんの?」<ガンガン机蹴って判子でガンガン机叩く

蹴る音叩く音だけは事務所まで聞こえるように。
劇怒ぷんぷん丸状態で怖いイメージを社員に植え付けるためにやってます。

道理に合わないとは思うんですよ。それこそ、間違っても子供達には見せられない姿です。

ただ、性別と見た目で舐められるんで。

部長も解ってるというか、この部長が提案&推奨した方法です。

古参社員は私を下に見るようなことはしませんが新参者は接点が少ないので。
仲良くなる必要はないけど、舐められると支障が出ます。

私「という訳で、うなだれながら事務所戻ってください」
部長「ちょっと泣きそうなんですけど(苦笑」
私「ボーナス3000円プラスしとく(苦笑」
部長「せめて5千円!」

私、この部長、色々やらかすけど嫌いじゃないんですよねぇ。
ボーjナスで千円単位の交渉ってせこいわ。

私「採用ミスと差し引きで2000円ね」
部長「減った(笑」

大きな溜息を吐きながら席に戻る部長。マジマジと見てるっぽい元車女<監視カメラで確認したので表情は見えず

バーーーーーーンッ

とちょっとしてから事務所に入る私。ビクッとする元車女。

不機嫌全開で誰にも声を掛けず去りました。

その後のボーママの報告では文句一つ言わずに真面目に事務仕事してるそうです。
辞めてくれた方が安心なんだけど、職歴あんま短期間で汚させるのもなぁと。
生活も有るしね。



いや、我ながら嫌な奴です。
本当に辞めたい。義理が無ければ即止めてるというかそもそも引き受けてない。
自分の考えたこととかが形になっていくのは楽しい面も無いわけじゃないけど辛いことの方が圧倒的に多い。
別にこれやんなきゃ生活できない訳じゃないのに縛られて働いてる感じが凄くある。
頼めば辞めさせてくれるんだろうけど、JパパにもJママにも散々世話になっててそれじゃ義理が立たない。

私、思うんですよ。
一番嫌なのがですね、特定業界以外、何をどうやったって男社会なんですよ。
女が男の上に立つとそれだけで男からも同性からも当たりが強くなります。
またはあらぬ誤解を受けます。
私みたいに学歴も無ければ見た目も弱そうだと舐められるのが当たり前になります。

正直そんな社会を変えようとか思いません。
どうでも良いんです。女が活躍だの女性差別だの、そんなの政治家が考えとけ、くらいです。

恩の返済期間を勝手に制定して、娘が成人したら何が何でも辞めてやろうと思ってます。
こんなんずっとやってたら寿命縮むわ。

なんか凄い

ボーちゃんが寝てくれません。
寝ろって言っても興奮してコロコロ転がってます。
というのも、ボーちゃんが買い物に出た時に八百屋さんで

八百屋「最近来ないねぇ」
ボーちゃん「野菜すごい作ってるから」
八百屋「へー、ボーちゃんが?」
ボーちゃん「そう。すごい一杯有る」

とかなんとか会話があって自慢のために家にとんぼ帰りしてキュウリしこたま持ってったら買ってくれたそうです。

おい!八百屋!

流石にアレなんで、話をしに行ったら「捨てるくらいなら買うよ?」だそうで。
いや、捨ててはいないけど・・・漬物が溜まり続けてるけど・・・トマトまで植えだしてからなんか際限なく成り始めてるし。

しかし、あんたらそれで良いのか?と。

八百屋「よく出来てるよ。売値の半分で良い?余ったら持って帰るか捨てるかになるけど」

・・・・・・・・・・・

ボーちゃんが嬉しそうなのでボーママと相談した結果、余った野菜を八百屋におろすことになりました。

という経緯がありまして。

翌日。


ボーちゃんのキュウリ・・・500円になりました。

まぁ、子供の小遣いとしては良いかな、と。
お金は必ず私かボーママを通すということで領収証も切りました。
一応所得になるし、こんなんで脱税とか馬鹿馬鹿しいので。

私「ボーちゃん、このお金どうする?」
ボーちゃん「ママにあげる」
ボーママ「貯金しとくね」
娘「ボーちゃんすげー。もう金稼いでる。私もユーチューバーとかやるかな?」
私「何やるのさ?」
娘「連続バクテンとかどう?」
私「つまんねー。エンターテナーとしての才能無いな。あと、家バレとかしたら本当に洒落にならんから絶対ダメ。やったらマジでキレる。マジで切れる。本気で切れる。もう本当に本当に切れる」
娘「わ、わかった」

ネットリテラシーが甘いようなのでボーちゃんもセットで再教育をすることにしました。
現代って怖いよね。下手したら人生終わるような動画を悪戯感覚でアップする人普通に居るんだから。

怖い怖い。

そして小学生にして金稼ぐってのはまぁ、なんかこの子、こういう道進みたいのかなってある意味納得でした。

善性の生き物ってキモイ

我が娘ながらキモイ。

私「あん?どこ行くの?」

日曜日。朝5時半。
私は徹夜してました。
ホラー映画が見たくなってJUON富江リングそしてジェイソンと連続で見てました。
急に扉開くからビビッタ。

娘「ゴミ拾い~」
私「は?」
娘「繁華街のほう。Jと一緒に行くから大丈夫」
私「なんで?」
娘「ボランティア。肉屋のおっちゃん主催?ぽい奴だから大丈夫なやつだよ」

私的には理由になってないんですけど。
名刺見せられたら確かにいつもの肉屋さんの人の名前でNPO法人でした。
あとで検索したら宗教とか関係ないし営利団体でもない完全に地域のボランティア。
月に一回。

私「まだ夜の店の人たちうろついてるだろうから気をつけて。今度からそういう時は前の日にでも言ってよ」
娘「あーごめんごめん」

日曜日 朝から ボランティアで ゴミ拾い

キモチワルッ!なにこの子!私にその思考回路はないわぁ。親の顔が見てみたいので鏡見よう。

起きてきたボーママに言ったら

ボーママ「娘ちゃんって凄い、こう、真っ直ぐ過ぎてたまに怖くなる」
私「解る。ボーちゃんは結構黒いけど」
ボーママ「黒いっていうか結構ずるいんだよねぇ。末っ子っぽい感じ?」
私「あれは私の影響だな」
ボーママ「だね。まぁ元々そういう性格だったのもあるだろうけど」

娘とボーちゃん、逆なら凄い納得なんですよ。
ボーママ、基本的に善人ですし。他人にあまり興味ないというか踏み込もうとしないだけで。

帰宅後の娘に一言。

私「あんたキモイ」
娘「喧嘩売ってんの?」
私「いや、思ったことは言ったほうが良いと思って」
娘「いや喧嘩売ってるでしょ」
私「私にボランティア精神はない!」
娘「やれなんて言ってないでしょ」
私「理解出来ないことは気持ち悪い!」
娘「町が綺麗になった方が良いでしょうが」
私「えーでも月に一日だけでしょ?意味なくない?」
娘「あのさぁ・・・自己満足で良いんだよこういうのは」

うわぁ。うわぁ。うわぁ。

私「私には理解出来ない」
娘「だろうともさ。お母さんって半径5mくらいしか興味ないでしょ」
私「ないなー」
娘「お母さんみたいな人って集団には居ないほうが皆平和だと思うよ?」
ボーママ「こらこら」
私「あー。それは解る」
娘「解っちゃうかぁ(呆れ」
ボーママ「サキって怒るポイント絶対違うよ」
私「正論だからなぁ。自覚有るから別に腹立たないし」
娘「お母さん、世の中には飛べる鳥と飛べない鳥が居て、魚のくせにおぼれ死ぬのだって居るんだよ?お互いの立場とかそういうの考えなきゃダメだよ」

すげー諭されました。いや、集団で生きるの本当に向いてないんで。

私「お前に人の立場を考えろとか言われると何もいえなくなるわ」
娘「減らず口」
私「お前の母ちゃんデーベソ」
ボーママ「ぶっ」

ボーママ大爆笑で終了。
善性の生き物って本当に理解出来ません。
ボーちゃんのが感性似てるんだけどそれはそれでボーちゃんの将来が不安ですわ。

FC2Ad