サキの先の先 家庭内暴力&虐待日記

私(独身&省エネ体型)と娘(元姪)+幼女ボーちゃんによる家庭内暴力&虐待日記(母受け・娘&幼女責め)。

出産

ボーちゃん「もう産まれるね」
Jママ「うん、もうちょっとだよ~」
娘「あとどのくらい?」
Jママ「予定日は五月末ね。ちょっと小さいのが心配ね」
ボーちゃん「え? もう産まれるよね?」
ボーママ「そう思うの?」
ボーちゃん「思うよ? すぐだよ」
私「すぐってどのくらいさ?」
ボーちゃん「明日? 明後日? すぐ」

J家に遊びに言ったらJママのお腹を撫でてたボーちゃんが予言しやがった。

娘「こいつ当てそうで怖い」
私「自分は今日から入院を提案します。万が一考えるとすぐ対処出来ないとか恐ろし過ぎる」
J君「パパに電話してどうするか聞いてみるよ」
ボーママ「もし入院出来なくても良ければ私がしばらく泊まるよ?」
私「そうだね、それが良いよ」

私が居るより絶対その方が良いし、お手伝いさんは最近ずっと泊まり込みでしたが一人じゃ辛いようなのでボーママに付き添いして貰うつもりでした。

ボーちゃん「すぐだよ?」
Jママ「ボーちゃんが言うなら間違い無いね」

結果的にはJパパに連絡していつもと違う産院でしたがねじ込んで貰いました。金の力怖い。

その翌日の朝方に出産。早産やん。

Jママ「ボーちゃんありがとうねぇ」
ボーちゃん「え? どういたしまして?」

赤ん坊、男の子でした。そして、超ちっちぇえええ!
まだ移動出来ない上にICUは限られた人しか入れないそうなので遠目からしか見えませんでしたが秘書に双眼鏡買ってこさせて見ました。
超ちっちぇええええええ!

30cmも無いそうです。982グラム。幸い今のところ障害は見受けられないそうですがボーちゃんが「おお。良いね。可愛いね」と嬉しそうだったので大丈夫でしょう。

私「ボーちゃん、超お手柄。ご褒美何が良い?」
ボーちゃん「ホットケーキが良いね」
私「それはボーママの出番だ。あっまい奴でしょ?」
ボーちゃん「超あっまいの」

朝方に早産とか想像するだけで血の気が引きました。

娘「こいつ絶対超能力有るよね」
私「ま、当てにしちゃ駄目だけど参考にしても良いかもね」
娘「めっちゃ信じてたじゃん」
私「私は私の直勘を信じたの」
J君「ママ、もう絶対ボーちゃんと弟結婚させるよ」
Jパパ「ボーちゃんに名前付けて貰おうか?」
私「早まるな!プリキュア絡みになる!」
娘「私つけようか!?あのね!」
J君「龍騎とかでしょ絶対」
娘「何故解ったし」
J君「解るってば」

そしてJママのお父さん、生まれてきた子とJ君の御爺様に付けて貰おうとなったのに「サキさんに付けて貰ったら?」と何故か私にパスが。

私「いや、有り得ないでしょう」
Jパパ「あー、私はそれも良いと思うんだけど・・・自分が任されたと想像するとちょっと重いですよね」
私「そうだよ!」
ボーママ「ご両親が決めたらいいんじゃないですか。サキさんだとやっぱりそちらの国の事情も解らない訳ですし」
Jパパ「そうですよねぇ。妻とはそれで何度喧嘩したことか(苦笑」

最終的にはJママの希望もあって何個か案を出して貰って私が選ぶことになりました。結局私かよ!

私「ボーちゃん。ボーママ絶対あの子とあんた結婚させようとするよ?どうする?(笑」
ボーちゃん「え?やだよ」

告白してもいないのに降られたJ弟君(w

ボーちゃん「サキと結婚するもん」
私「それはもう諦めなって」
ボーちゃん「サキ、諦めなって」

なんか私が諭されました。

でも、ひとまずは無事に生まれてくれて良かったです。良かったよ本当。
スポンサーサイト

全く落ち着かない

全く仕事が落ち着かず

ボーちゃん「サキ、遊ぼうよ」<パソコンの電源ブチっ
私「ひぃっ!」
ボーちゃん「遊ぼう」

怒る気にもなれずそのまま不貞寝しました。


J家の赤ん坊はスクスク育ってます。
私が抱っこした時だけ無く嫌な赤ん坊です。

地震


私「・・・・・・・・・・娘。あんた絶対悪魔か何か憑いてるよ」
娘「お?当たった?」
私「うん。二等。しかし何故一等を当てないのかと」
娘「知らんよ」
ボーママ「娘ちゃんのくじ運って神掛かってるよね」

娘はくじとかで外れる方が圧倒的に少ない豪運の持ち主です。
スクラッチやらせてもまず赤字は無いです。最低でもトントン。
どんな確率だと。
懸賞出すと5回に3~4回は結構良い物が当たりますし残りの
1~2回で葉書代以上の物は絶対ゲットします。

ボーちゃん「あたしのは?あたしのは?」
私「ボーちゃんのは・・・・・やったぜ200円ゲット!」

ボーちゃんはあんまりくじ運無いですね。
悪いというわけでもないと思いますが普通な気がします。
我が家では子供達二人に毎回宝くじを連番10枚買わせています。
勿論お金は親が出して娘達がそれぞれ買ってくるだけですが。

娘、2等100万円ゲットだぜ。2年ぶり3回目(甲子園風)。

そしてボーちゃん!200円ゲットだぜ!

ボーちゃん「あらま」
ボーママ「残念だったね」
ボーちゃん「しゃーないね」

あんまりよく解っていない模様。

私「娘、どうする?」
娘「お母さんお金出したんだからお母さんのじゃん。私は知らんよ」
ボーママ「無欲の勝利だねぇ」
私「基本物欲薄いからなぁ」
娘「あ、なんか買ってくれるなら吊るしベーコンっての食べてみたい!」
ボーママ「やっぱり肉だね(笑」
私「買ってきたら良いじゃん。食費から出していいから」
娘「やった!でも売り場行ったらまた迷いそう(笑」
ボーママ「絶対鶏肉の方が同じ値段で一杯買えるからってそっち買うよ(笑」
娘「そういう予言止めて!絶対吊るしベーコン買うし!」

で、吊るしベーコンは買って来れず、大安売りしていた豚肉買って来ました。

ボーママ「ほらやっぱり(笑」
娘「ぶ、豚肉だもーん(照」
私「娘。食いたいもの買って良いって言ってんだから買ったら良いじゃん(呆れ」
娘「いやぁ・・・・・・結構難易度高いよ?」
ボーママ「私、買って来てあげるから(笑」

買えば良いじゃんと思いますがグラム単価が高いらしく手が出なかったそうで
結局ボーママが買って来てくれました。
ヨーカドーで売ってる1000円くらいの奴。なんか字面に憧れてたとか。
娘は痩せやすい上にコレステロール低すぎるので買い食いでもご飯でも
食べ物だったら食費から出せと言ってますので現金は買ってあげた金庫の中に
結構貯めこんでます。
ただ娘の金銭感覚はむしろケチなためボーママとも相性が良いのでなかなか
冒険できないようです。

むしろボーちゃんのほうがお金の使い方荒いので私と似てます。
月末支払いのお小遣い制なんですが一週間もったためしが有りません。
心配したボーママが娘とボーちゃんにお小遣い帳をつけさせています。
娘は必ずお小遣い2000円の内500円は最低でも残し、ボーちゃんは800円
なのですが残さず使い切ります。
ボーちゃんにちょろちょろ買ってあげちゃう私もいけないんですけどね。
甘やかしちゃ駄目、とよくボーママに怒られますが私がやらなくても
Jママが甘やかすという負のコンビです。

結局宝くじの当選金は半分位は来月末に熊本産品お取り寄せして、
会社の飲み会をすることにしました。
社員家族交流会と新人歓迎会もセットですけど。
ビンゴ大会景品もオール熊本祭りで。
子供達も来るのでくまもんのヌイグルミとか揃えなきゃ。
会場が黒だらけになりそう。
当社には熊本出身の奥さんを持つ社員が居たのでお願いして
手伝って貰います。
何気に社員の奥様達とLINEグループで繋がってて取り留めの無い
やり取りが多いです。私は文字打つの面倒なので基本スタンプで返信してるだけですけど。

普通に募金つっても正直どう使われるのか見え難いってのがもどかしいので
食べて呑んでがウチの場合は合う気がします

東北の場合、原発の影響とか色々あったんだと思いますが漁業関連や
加工品の消費が戻らず廃業というのもよく聞きましたし、美味しいもの
食べて呑んで多少なりとも良い経済効果有れば嬉しいな、くらいで
ちょっと良いことした気分になっちゃうという「お前呑みたいだけじゃん!」
を地で行こうと思います。
ちなみに鳳陽とか勝山とか澤の泉が好きです。

被災された方々に対して軽々しく言える事はぬくぬく暮らしている私には
有りませんが、自衛隊やお役人の方々だけでなく復興に向けて
頑張ってらっしゃる方々には引き続き頑張って下さいと思うばかりです。

FC2Ad