サキの先の先 家庭内暴力&虐待日記

私(独身&省エネ体型)と娘(元姪)+幼女ボーちゃんによる家庭内暴力&虐待日記(母受け・娘&幼女責め)。

ボーちゃんを

ボーちゃんが怪我したカラスを拾ってきてしまったので動物病院へ行きました

私「ボーちゃんおやつ一週間抜きね」

ボーちゃん「えー」

私「嫌なら治療費出しな」

ボーちゃん「わかったよ」

娘「ボーちゃん、おやつ半分こしような」

ボーちゃん「おねえちゃん(泣」

まぁいいけどね

私「でもカラスは飼えないからけが直ったら自由にするよ」

ボーちゃん「うん。飛べないと駄目だもんね」

あーうん法律上なんだけどね

娘「お母さんみたいだね」

ボーちゃん「サキみたいで格好良い」

ボーママ「確かに似てる」

カラスに似てる人類は私位でしょう

つーか治療費18万ってなに!?

ええ

目が点になった私

払う前にカラスをもう一度見に行く

似てる、か?そう言われてみれば・・・ええ?どこが?

受付に「お金下ろしてきます」と言ってコンビニに行きました

ボーママ「娘が拾ってきたんだし私が払うよ」

私「あー・・・とうちゃんが払うよ。ボーちゃんの学費貯めておけ」

娘の分は確保してるので。

ボーママ「でもあのカラス本当にサキさんに似てるので仕方ないよなぁって思っちゃう自分がいます」

私「それならそれで嬉しいから良いよ。見捨てる子に育ってほしいわけじゃないし」

子育てって難しいです

でも私に似てると思う鳥に見捨てられるのも辛いので今回は良しとします

スポンサーサイト

雑誌の取材

とある雑誌で「女性が輝く職場」特集をやるとのことでJパパから出ろと命令されました。

が全力拒否。

何の得があんねん!

ハッキリ言うけど企画が寒いんだっちゅーの!

どう足掻いたって男が中心で世の中回ってんだよ!

誰かに下駄履かせられて走らされても能力高い女以外こけるに決まってんだろが!

なーにが女性が輝くだ!それは化粧のし過ぎか特異体質じゃ!

私は女性の社会進出雇用均等なんてどうでも良いんじゃ!

必要な人が必要なだけ働けばいいと思ってんだよ!

私はレディースデーや女性割引など不当な優遇の廃止論者だ!

絶対に雑誌に顔なんてださねぇ!

と言って断ったらJパパ「あ、すみません」とドン引きさせました。

結局断りきれないらしくボーママが出ることになりました。

そして驚愕の事実が発覚

ボーママ「私、バイトなのに出て良いの?」

私「え。いや、職場は変わってないけどあんたもう私の部下で正社員なんだけど」

契約書一杯書いたのをバイト継続の書類だと勘違いしてたらしい

いや社会保険証持ってんだろが!どこでそんな勘違いをし続けたんだ!

つーかその前から正社員だっつーの!え、何回かそういう話してなかったっけ?え?

私メダパニック。

ボーママは基本的に天才系なのでたまにとんでもない勘違いしてます。

私「娘、こいつとボーちゃん基本的にちょっと違う世界に足つっこんでるから注意してみてあげてね」

娘「何を今更」

娘が一番現実的な気がします。

歯医者

ボーちゃんが虫歯で歯医者にゴー

あまりに怖がるので付いていったら面白かった

削られてる間ずっと両手を直角に天井に向けて小さく前へならえ状態

そしてドリルの動くタイミングで指がわなわな波打ちずっと

ボーちゃん「フイイイイイイイイイイイ!」

と泣きながら呻いてました

娘大爆笑こらえられず外に走って自主退場

私は動画撮影

ボーママに頭叩かれましたが泣いても撮るのは止めない!w

ボーちゃん「歯医者さんは敵だよサキ」

私「歯ちゃんと磨いてないからじゃねーの?w」

ボーちゃん「磨いてるもん」

私「ボーママどうなの?」

ボーママ「磨いてるんだけどなぁ」

ボーちゃん「ほら」

私「まぁ世の中結果論だw ざまぁwww」

ボーちゃん「サキも虫歯になればいいよ」

ざまぁwww

喧嘩売るなよ

娘が歯医者で受付と喧嘩になりそうになったそうでそのままボーちゃんの治療せず帰ってきました

娘「私耐えたもん!」

ボーちゃん「あのおばちゃんが悪いね」

とのことですが

受付の態度が悪かったらしく娘もムスッとしたくらいだったようですが裏で態度悪い子と言ってるのが聞こえてきたとか。

ボーちゃん「おねえちゃん、あんなお化けみたいな化粧のおばちゃんの言うことほっときな!」

と大声で言ったそうです

睨まれたのでその場で帰ると宣言したそうな

私「お前がトドメ刺してんじゃないよ」

娘「ボーちゃんグッジョブ」

ボーママ「あなた治療したくなかったから喧嘩したんでしょ?」

ボーママ、静かに笑顔で怒り出しました

ボーちゃん「違うもん」

私「どうせ絶対痛い思いすんだから素直にやってきなよ」

ボーママ「行こう」

泣き喚くボーちゃんを無理矢理引っ張ってくボーママを見送る私と娘

私「娘、あんたボーちゃんにダシにされてやんの!」

娘「うわー腹たつぅ!あいつ考えてないようで考えてるよね」

私「ピタゴラスイッチ的に罠張るから気をつけな」

娘「でもボーママって怒ると恐いよね」

私「普段穏やかな奴が怒ると怖いってことさ」

ボーママが怒ってるの久々に見ました

口挟む余地のない静かな迫力

娘「ボーママの言うことだけはきくよ私」

私「私の言うことも聞けよ」

娘「え。ウケるw」

威厳とはなんぞや。

カラス

ボーちゃんがカラス助けてから我が家のベランダにカラスが居座るようになりました

それも三羽、毎朝部屋に尻向けて並んでます

娘「おっはー」
カラス「ガー」
ボーちゃん「よ」
カラス「ガー!」
私「オハヨー」
カラス「・・・」

何この扱い?
治療費出したの私だぞ?
畜生どもめ

FC2Ad