サキの先の先 家庭内暴力&虐待日記

私(独身&省エネ体型)と娘(元姪)+幼女ボーちゃんによる家庭内暴力&虐待日記(母受け・娘&幼女責め)。

やっと色々片が付きました

やっと年末からの大掃除が終わりました。
事務員2人。
営業1人。
デザイナー1人。
倉庫作業員3人。
以上全員依願退職という名の懲戒解雇。
訴えられたく無かったら辞めろと。
内引きとか売掛金誤魔化したりとかね。
やりたい放題であきれましたよ。
隠しカメラの専門業者に頼んで結構な金額で
設置しましたけど一ヶ月経たずに元取れました。

退職金もゼーロー(NEWS風に)です。
名目上は出してますけどね。
さらに破門状一斉送付。同業者、関連会社、
関連しそうな会社全てに送付。やるならとことん。
どうせ恨まれますしチャンスは与えたので良心の呵責もありません。

売り上げ減る気配も全くなく、営業にそれぞれヒアリングしても
むしろ行く度に仕事貰えてしまっていて戸惑っていると。
かと言ってデザイナーがパンクするかというとデザイナーからは
「いや?大丈夫ですよ?数は増えたかもしれないけど
面倒な指示しか出さない人が居なくなったしむしろ楽になったかも?」

業務がやばいことになると覚悟していたのですが全然。

私「・・・・何とかなっちゃってる?」
部長「・・・・皆頑張ってます。ええ。」
私「あらそう・・・・・・ざっけんなよこらぁあああ?」
部長「私を睨まないで下さいよ」
ですよねー。

思わず机蹴っちゃいましたよ。
クビにした奴ら全員そこまで役に立ってなかったという事実。
そして全員前社長、創業者のコネ入社。
前社長が新たに会社建てたとかいう噂も聞いてますが知ったことかと。
使えない奴らを集めてくれれば笑えますが。
ちなみに創業者(笑)の胸像あったんで鉄くずリサイクル業者に持ってくよう
指示したら200円でした。やっすい男だわ。

ちなみにボーママ、予定より早く働いて貰ってるのですが超凄いです。
特に単純作業がものっそ速くて普通の人の倍以上のスピード。
特に伝票入力について最新のパソコンとシステムが
付いていけないという鬼神のレベル。
画面切り替えの前に次の画面のその次の画面のコマンド入力しだして
顧客コードや商品コードも暗記しだしてベテラン事務員もドン引き。

ベテラン事務員「あの、ボーママさんは以前どちらで?」
私「お弁当工場で惣菜詰めたりコンビニで働いてたよ」
ベテラン事務員「あのパソコン操作見ると勿体無いですね(驚」
私「自分の合う場所探すのが下手糞なだけで実は有能だから(苦笑」
ベテラン事務員「サキさんと足して二で割ったら丁度良いんじゃないですか?」
私「平均値取ったら怠け者が二人出来るだけですよ」
ベテラン事務員「確かに」

失礼な人ですが真実はいつも耳に痛い。

作業のレールが引かれていると脇目も振らずに集中するので電話も
一切取らなくなるという難点は有りますが作業スピードから周りからも
理解されている様子。

で私と一緒に暮らしていることが社内で知られるとあら不思議。
同性愛カップルと思われましたよ?男女関係無く無いわ。
私そういう欲ってお母さんのお腹に置いてきちゃってるので。

ボーママ「そういう趣味なの?と聞かれました(苦笑」
私「なんて答えたのさ?」
ボーママ「サキさんは娘の彼女で私は居候ですと」
お前は何を言うとるんだと。
ボーちゃん「わかってるじゃん」
お前も何を言うとるんだと。
娘「まぁ良いんじゃないの(笑」
良いのかよ。

私「会社に良いと思う人おらんの?」
ボーママ「無いですね。考えすらしなかった」

ボーママ密かに人気有るようなんですがね。というのも、
一連の作業が終わると合間合間にFAX整理とかもしてくれるんですけど、
顧客ごとに分類したり台帳登録の無い商品の見積もり依頼なんか見つけると
営業にメールで確認、メーカーに見積もり依頼掛けてたりして営業の仕事も
少なくなって帰社後の作業が激減しているという営業事務まで気付いたら
やってくれてました。
それはそれで別に設置しようと思ってたんですけどボーママやってくれるし
新卒入れるまで良いやと。
男って楽させてくれる女の人好きだよね絶対。
あ。だから私は嫌われるのか。納得。

私「電話で営業に確認した方が簡単じゃない?」
ボーママ「いや話するの面倒で」

そしてこういう人です。裏方超天職だと思う。
他の事務員も早く帰れるし面倒な作業進んでやってくれるという
ことで人気者です。
割と良いように使われているようでも有りますけど、使ってる人も
ちゃんと働いてるし本人も気にしてないので放置。

彼氏出来て同棲予定してるとかで同居人Sがその内引越し
しそうですけどある程度分別の付く大人が居て欲しかったので
もうちょっと住んで欲しいなぁと思ってたらその後は従兄弟を
下宿させて貰えないかと言われました。

娘達と性格合えば良いよということに。
ボーちゃん実はかなり気難しいし。
折り見て食事会や遊びに行かせて娘達に決めさせようと思います。

そんな感じです。

スポンサーサイト

ボーママ

今日、Jママが会社に遊びに来てボーママの働きっぷりを見て欲が出たらしく、
違うところに異動させようとしたので全力で拒否しました。

私「せめて半年一年待てや!こっちの体制整ってねぇし!」

Jママ「いや普通に事務員やらせるには勿体無いですよ!」

私「コロコロコロコロ職場変わったら本人だって大変だろうが!」

Jママ「サキさんも違う場所用意するから!」

私「ざけんな!今の状況でそんな無責任なことできっかよ!」

Jママ「それは解るけどせめてボーママを!ボーママ、今より給料よくなるよ!?」

ボーママ「サキさんにお任せします」

私「お前も主体性持てよ!」<無茶苦茶

ボーママ「サキさんの希望が私の希望です」<ドヤ顔

何この忠誠心100の関羽みたいな人。

Jママ「それなら仕方ないね」

仕方ないのか。

私「おそらくボーママ並みかそれ以上に有能となるであろうボーちゃんを今の内手懐けておけば?」

Jママ「・・・Jに弟作ればボーちゃんと結婚させられるよね?」

私「いや、よね?ってお前、それは」

目がマジでした。猛禽類怖い。
お宅のママさん滅茶苦茶なんだけど、とJ君にメールしたら、ネトゲに飽きて暇なだけだから相手しなくて良いよ、という返信が来ました。

暇つぶしに真面目に働いてる会社をかき回しに来ないで欲しい。

確かに有能だしあまりに気が利くし物静かで同居するには最高のパートナーなのでボーママに
「問題が出ない限りずっと一緒に住まない?」
と言ったら「喜んで」と居酒屋な返事頂きました。

お互いに片親として娘を持つ訳で信頼出来る相手は本当に心強い。
娘達は娘達でお互いに相思相愛の姉妹関係。
娘は娘でボーママに懐いていて、母親とか保護者というよりも優しいお姉ちゃん的に思ってるようですし。

私「じゃあ私が母親役。ボーママが父親役ね」

ボーママ「いや、それは絶対違います。絶対逆です。絶対変です」

私「何でさ!?」

ボーママ「家事は任せて下さい。サキさんは今までどおり暮らして貰えれば私が家の中、維持しますから」

頼りになるー。私、ここしばらく包丁握ってないし掃除機も掛けてないしお風呂掃除も洗濯も何もかもやってないよ。
ボーママ料理美味いし掃除もちゃんとするし娘も家の中が綺麗でご満悦。

ボーちゃん拾ったときはとんでもない面倒事だと思ってましたが、人間万事塞翁が馬って奴ですね。
ここに来て急に頼りになる奴になってきたので色々安心です。

仕事はいずれもしかしたら違うとこに行くかもしれませんが、この家から出て行かれないように気をつけなきゃ!
こんな楽な生活、捨てられないですわ。

FC2Ad