サキの先の先 家庭内暴力&虐待日記

私(独身&省エネ体型)と娘(元姪)+幼女ボーちゃんによる家庭内暴力&虐待日記(母受け・娘&幼女責め)。

本日の娘の摂取カロリー

5000kcal超えてます。


ハムエッグ 120 
納豆 80
ご飯 200
肉まん 260
カレーマン 280
カルパス 350
ホウレン草のおひたし 30
味噌汁 100


回転寿司
1皿100×22皿=2200


ご飯 200
味噌汁 100
から揚げ 
もも肉400g=800
油分 計算したくない


私「あんた、アスリートでもないのに・・・」

今日は多い方ではありますが、通常日でも恐らく3000~4000kcalは摂取してます。

娘「抑えても良いけど食わないと痩せるよ?」

そうなんです。

こいつ、脂肪が付きにくく、痩せると力入れなくても腹筋が割れるんです。
どこのアマゾネスだ。

こいつの生みの母親、健康な時はおっぱいボヨヨンで骨格はしっかりしてる人でしたが筋肉質ではなかった。
父親である兄ちゃんは割りと筋肉あったかもしれんのでその辺りが似たのかもしれませんが。

寄生虫の疑いも大昔に晴れてますし。

私「御腹の調子悪くならん程度に食っとけ」

ボーちゃん「サキは太った方が良いよ?」

私「だなー。ボーちゃんももうちょい太れ。もっとご飯食べなきゃあかんよ?」

ボーちゃん「ご飯にジャム乗せて良い?」

私「パン食べたら?」

ボーちゃん「ご飯って言うから」

私「どっちでもええがな」

ボーちゃんは、なんつーか、悪食です。
流石人類最後の食料、昆虫食にいち早く手を出した女。

私も悪食という意味ではその気は結構あるんですけどね。
食欲よりも好奇心を優先する性質なもんで。
むしろそれ以外の場合は食べなくても良いとか思ってるんですわ。

S嬢「うらやましい会話してる・・・・」

私「お前は痩せろ」

娘「痩せた方が良いよ」

ボーちゃん「そのままで良いよ」

S嬢「ボーちゃん!」

ボーちゃん「柔らかくて気持ち良いし」

S嬢「ぼーちゃん↓」


どうやったら一ヶ月で5kgも太れるのか教えてほしい。
スポンサーサイト

第1784回「テンションのあがる冬の曲!」

FC2 トラックバックテーマ:「テンションのあがる冬の曲!」



えー。
クリスマス・イブ 山下達郎 ですね。

あとマライアキャリーとか。
松任谷とか。

「うぜぇ!」という意味で。




娘「やねよーりーたーかーい!」

ボーちゃん「くりすーまーすー!」

五月かよ。



娘「ゆーきやこんこんあーられやこんこん!」

ボーちゃん「ふってもふってもくーりすーますー!」

近いね。


娘「もーいーくつねーるーとー!」

ボーちゃん「くーりーすーまーすー!」

行き過ぎ。


娘「うぃーうぃっシャア!」

ボーちゃん「くりすます!」

クリスタルキング?




ボーちゃん「クリスマス、サンタ!私がサンタやる!」

娘「良いだろう。ならば裏のサンタは私だ!」

私「じゃあ元祖サンタで」

ボーちゃん「え、サキ、何言ってんの?」

私?



私「お前らプレゼント何ほしいんだ?」

ちなみに所謂サンタ、は居ないとボーちゃんは知ってます。


娘「あー・・・んー・・・・?肉、かなぁ?」

私「お前ブレないなぁ」

娘「特に欲しいものってないんだよねぇ」

私「まぁ高い肉用意するよ。ボーちゃんは何ほしい?」

ボーちゃん「お金」

キャッシュな野郎だぜ。

私「いいけど何に使うの?」

ボーちゃん「お母さんにプレゼント買う」

意外と母親想いなんすよね、こいつ。

私「ビーズのアクセサリー作ってやった方が喜ぶんじゃね?」

ボーちゃん「面倒臭いよ」

・・・・意外と。

娘「親には似顔絵書きゃ喜ぶよ」

何その可愛くないけどあながち間違いじゃない固定観念(苦笑

私「それでいいやん」

ボーちゃん「えー。プリキュアでも良いかな?」

娘「いや、お前の母ちゃんコンビニ店員だから。
緑色に染めてやれよ。もしくはミックミクにしてやれよ」

ボーちゃん「ミクよりプリキュアのが可愛いよ」

私「二十代でプリキュアとかやらされてたら拷問だよな。
履歴書の特技欄はプリキュアコークスクリュー・・・」

娘「ちょ、止めて(笑」

ボーちゃん「違うよ、プリキュアマーブルスクリューだよ」

細けぇ(w



という感じでボーちゃんは母親の似顔絵を書く事になりました。
昨年の今頃、まだボーちゃんとまともな会話が成立してなかった事を思えば、平和になったもんだなぁ、と。

平和が一番です。

だからよー


出社する度に思うんですけどねー。
営業部長が新人に説教してたんですけど、割りと毎日の日課状態になってましてねぇ。

「朝から説教すんの止めろ!」

といい加減聞いてるのも嫌になって説教してやりましたよ!

・・・・・あれ?
説教すんなって説教するのはどうなんだろうか。


ちなみに10月11月は過去最高益を記録し12月もこのまま行ける見込みなので

「ボーナス楽しみだね?アップしない訳が無いよ?」

と社長と専務が居る前で皆に言ったら社長に嫌そうな顔されました。

グダグダ言わずに良いから出せよ?と。
おらジャンプしろおらポケットにまだ入ってんじゃねーかおら。


半分冗談っぽく言いましたが、内部留保してたらこんな小さな会社、社員が必死こいて働くわけないでしょ、と。

ちなみに私の報酬はここ数ヶ月固定です。つまんない。
賞与貰えそうだけどあからさまに要求は出来ないし。

でも実働日数少ないからなぁ・・・・
一週間に1~2回しか行って無いのに部長より貰ってるってのが何とも美味しい。

今日は倉庫の奥に通販でお馴染みの高圧洗浄機ケルヒャーがあったので建物の壁洗って遊んでました。

私「おー。すごーい。おもしろーい」

社員A「・・・・寒くないっすか?」

私「寒いですねぇ。おっと手が滑った!」

社員A「ぶほ!?」

顔面に向けて手が滑りました。

私「これ、人に向けると危険ですね?」

社員B「いや、わざとじゃないっすか(w」

私「おっと!?」

社員B「ギャ!?」

寒空の下、合計3人餌食にしてやりました。面白かった。

私「ごめんなさい、温かい飲み物ご馳走するから」

社員A「全く(苦笑」

私「あ、手が滑った!」

社員A「ロング缶のカルピス!?」

私「あぁ!また手が滑った!」

社員B「あ、俺はマウンテンビューか」

私「君は太ってるからお茶飲みなさいお茶」

社員C「滑らなかったのに冷たい奴っすか(w」

私はホットレモン頂きました。寒空の下で飲むホットレモンはおいちい。

社員A「自分ばっかり(苦笑」

私「だって私、偉いですから」

社員B「エバる場面絶対間違えてますよ」

私「あーあったかーいおいしー」

社員C「むかつく(w」

私「よくこんな寒い中で働くねぇ?」

社員B「それ言っちゃ駄目じゃないっすか!?(w」

倉庫に湯沸かし器と電気ヒーター、ホッカイロ買ってあげました。
優しー超優しー。しかし、真面目に寒いよ、倉庫。風通し良すぎです。


あとはインフルエンザ予防接種受けた人に奨励金出す事にしました。
一人1000円ですけどね。家族も含めます。
家族が掛かれば一網打尽にされちゃいますからね。
殆どの人が受けたみたいです。

あと怖いのはノロウイルスとかですかね。
こればっかりは割りとどうしようもないんですよねぇ。
対応品の手洗い・消毒液って費用対効果が見えにくいから。



割りと好き勝手やって帰ってるので、いつクビになっても不思議じゃありません(エヘン

大分ご無沙汰でした


本業の取材で三重・岐阜・愛知に行ってきまして、凄く疲れました。

味噌煮込みうどん、何でご飯付くの?
何でカレーうどんの底にご飯があるの?
喫茶店多すぎじゃね?
コメダ珈琲店って普通な気がするんだけど何がそんなに良いの?
炭水化物好き過ぎじゃないですかね?味が濃すぎじゃ?

若干やさぐれながら。

一週間行って来ました。
娘とボーちゃんは例の如くJ君の家に預けようかとも思ったのですが
ボーちゃんママが来れるとのことで任せました。
朝、娘達を送り出したあと仕事に行って、夕方帰ってくるまで
ボーちゃんと娘はJ君の家に預けてました。

毎日家に電話してたのですが

ボーちゃん「お母さん、凄いよ?ホットケーキ超美味い」

私「おー、良かったなぁ」

ボーちゃん「サキが前作った奴より美味い」

私「あ、いつだよ?」

ボーちゃん「私が風邪引いたときの奴」

私「いや、それ、あんたの母ちゃん作った奴だから

ボーちゃん「え?」

私「あんな糞甘いの、私が作る訳ないだろ。バッカでぇ(笑」

ボーちゃん「わ、わかってたもん!バーカバーカ!サキのバーカ!」

電話ガチャ切りされましたよ。態度悪いガキですよね。
その後すぐに娘から電話が掛かってきたんですが、

娘「歯磨けよ!」

とまたガチャ切りされました。
家に帰るとドリフのDVDが延滞されてて怒りました。

私「ちゃんと期日通り返せ?な?次借りる人困るでしょ?
お金も無駄に掛かるでしょ?家の目の前なんだからさ?」

ボーちゃんママ「すみません・・・」

娘「ほら、もう反省してるからさ。許してあげなよ?」

私「お前に言ってんだよ!」

娘「ごめんごめん」

まぁ、今まで無いことだったのでウッカリだったんでしょうけどね。
一応怒らなきゃと思いまして。

ボーちゃん「だからプリキュア借りようって言ったのに」

私「・・・それ、何か違うの?」

ボーちゃん「プリキュアだったら私自分で返しに行くもん」

私「もしかして、延滞してたの気付いてたの?」

ボーちゃん「え?うん」

私「言えよ?なぁ?」

ほっぺたグニーの刑です。

ボーちゃん「わたひわるくないもん!」

娘「気が利かない子ねぇ~も~」

何か、娘達が生意気過ぎてイラッとしますが、
まぁ日常に戻ったと思えば気が楽です。

ボーちゃんママの有能性は一先ず確認出来ましたしね。
お酒あまり飲まないのが減点ですけど。

娘「おばちゃんの料理で唯一許せないのが甘い卵焼きだね!」

ボーちゃん「甘くないのは不味いから駄目」

ボーちゃんママ「ごめんね?次は両方作るから」

いろんな意味で甘い女だなぁ、と。

私「甘くないの作ってボーちゃんのには砂糖ぶっかければ?」

ボーちゃん「それでも良いね。ジャムも美味しいよね?」

・・・・ツワモノだよ、ボーちゃん。



年末に向け、若干忙しくなってきました。
会社の方も繁忙期真っ盛り。夜11時まで倉庫作業してるとか。
うーん・・・考えなきゃなぁ・・・
しかし派遣入れたって込み入った作業が出来るわけでもないので、
そこまで改善されないのが問題だなぁ・・・

我慢して貰うしかないのかもしれないけど、如何ともし難い。

うぇ

出張先で接待でもないのに泥酔するほど飲み歩いて風俗の階段で転んで死にそうな社員の労災なんて論外だボケェ!んなもんプライベートじゃ!!

と社長とバトって結局死ぬか一年経過まで給料だしその後はしばらく休職に、ということで社内的には落ち着きました。

社員大事にしろとは口酸っぱく言ってるがやり方間違ってんじゃねーよ、と。

ああ、疲れる。辞めようかしら、まじで。

第1790回「今日は何枚着てる?」

FC2 トラックバックテーマ:「今日は何枚着てる?」



えー、ポリエステル100%のロンT一枚でしたが失敗しました。

娘の彼氏J君が遊びに来てました。

娘「お母さん浮いてる!」

私「・・・・うわ」

薄い生地だから何となく形が出てしまうようで。
相手は子供だし別になぁ、と。

ボーちゃん「お姉ちゃん、そういうことはひそひそ言うんだよ?」

J君「俺居るときそういうの本当に止めて、娘ちゃん」

最近自分の事を俺と言うようになったJ君。思春期やねぇ。

娘「J、五月蝿い!何で下着着ないのさ?」

J君の扱いの酷さったらないです。

私「ブラ着けるほど脂肪が無いねん。持ってるけど痩せたから意味ないねん」

娘「何か着ろ!」

私「別に良いじゃん。誰も気にしないって。猫背にしてりゃ大丈夫」

娘「猫背止め!私が気にするの!」

ボーちゃん「サキ、これ!これ!これ良いよ!」

ボーちゃんが部屋から持ってきたのは薄手の腹巻。
言われてそれをお腹じゃなく胸部に着けるとアラ不思議。

私「ピッタリやんけ。良いねこれ。ボーちゃんグッジョブ。二枚有ればお腹までカバー出来るね」

娘「・・・・セーター着ればいいんじゃないの?」

私「重い服着ると肩凝るから駄目なのよん」


なんか不思議なフィット感でサラサラ感も良かったので、同じ物を近所の薬局で3枚購入。用はチューブトップですね。
難点はフリース素材だからかポリエステルのロンT着てると静電気がハンパじゃない事ですかね。

J君「お母さんとエステでも行ってくれば?」

私「知らない人に触られるの嫌いなんじゃよ」

J君「あのゲームオタク外に連れ出してくれない?」

J君ママはここ数ヶ月ネトゲ廃人です。
しかも超課金するくせに廃人プレイするアホ。
何かのギルマスやってるそうですよ。主婦ならアバターより息子育てんかい(w

私「何かする度にマウスクリックする奴と外出なんてできっかよ(w」

あまりにもネトゲと同化してるため、何でもクリック操作出来るような錯覚を覚えているらしい。
私なんてせいぜい仕事が忙しくて電話しようとダイヤルプッシュしたかと思ったらパソコンのテンキーを叩いてた、くらいなもんです。
他界した兄は疲れ過ぎて自転車なのにガソリンスタンドで給油しようとしたらしいですが、そういう行動って笑えるけど笑えない。

何かする度ENTERキー押したくなる廃人プレイヤーとは生きてる世界が違いますよね。

J君「ほんと、あの人どうにかしてほしい・・・メンテナンス?の度に一人で怒ってるし(溜息」

私「ほっとけほっとけ。あいつはアホだから飽きるまでやる猿じゃ(w」

J君「お父さん、あの人にはとことん甘いからKさんしか注意しないんだよ」

KさんとはJ君の家のお手伝いさん。
我が娘に全力でローキックして胸倉掴んで頭突きしてたのを目の当たりにした時は流石にびびったけどかなり良い人です。
何度言っても二階のテラスから飛び降りる娘にブチギレたそうで、それ以来娘はそのお手伝いさんに逆らいません。

私「オムツとか買い出したらアウト(w」

J君「・・・・先月、部屋の前にトイレ作ったんだけど」

私「駄目だ真面目に駄目だあの女(w」

無駄な行動力と資金力を馬鹿が兼ね備えると、もう本当に駄目かも解らんね(苦笑

ゲームの事となるとあの女は人が変わるし本人の自由なので放置。
週1くらいで酒飲みに来るし。でも飲みながらスマホアプリで遊びだすのは不許可である。
酒飲むときは酒と向き合うべきなのである。

娘「回線ぶった切れば?」

私「奴の資金力だと一時しのぎにしかならんね。怒らせるだけだ」

ボーちゃん「ゲーム機壊す?」

バイオレンスボーちゃん

私「データは生きてるから買い換えれば意味ないなぁ」

J君「データ、ログインして消すとか?」

私「お前、ネトゲ廃人にそれやったらぶっ殺されんぞ?」

J君「・・・そんなもんなの?」

私「絶対やめとけよ?いくら親だからって殴られるだけじゃ済まないかもしれんよ?」

J君「わ、解った。お父さんにも言っとく」


今日、一つの家族の崩壊フラグを少しだけ潰しました。
しかし、あいつは本当にアホだなぁ・・・・

先日

タクシーとぶつかり転んでさらに手を轢かれて指全部と手の甲の骨粉砕されまんた。
やっぱ外出ちゃ駄目なんですよ、私。
真面目に町内清掃出たらこれですよ。

そして位置的に他の家の子供を庇ったように見えたらしく何かとってもいい人に思われ違うと言っても信じて貰えずぶっちゃけウザい。
他の家の子供なんか知るかいな。下手したら小学生より弱いっちゅーねん。

最悪な年末ですが、皆様にも私の不運を分けてあげますので良いお年を!

仙台光のページェント



Jママを外に連れだそうとしたら仙台まで連れて行かれたでござる。
コメント返信は後ほど、、、、

初の恋人ゲットだぜ!


娘と娘の彼氏J君がクリスマス後初のデートで出かけまして。
どこに行くんだか知りませんが子供にだって秘密は必要だと思いますので放置です。
最悪GPS有るしね。

ボーちゃん「サキ、私もデート」

私「お?行ってらっしゃい?」

ボーちゃんにも彼氏居たのか?と不思議に思いましたが違いました。

ボーちゃん「え?行こうよ?」

私「私かよ。私はお前の彼女かよ」

ボーちゃん「え?サキ、私の彼女だよ?」

私「え、そうなの?」

ボーちゃん「そうだよ?」

何馬鹿な事言ってんの?みたいな感じで言われましたよ?

私「そうなのか。知らなかった。じゃ、ヨーカドー行こうか」

ボーちゃん「近すぎるから駄目」

我が家の有るマンションから歩いて三十秒です。

私「じゃあツタヤ」

ボーちゃん「近すぎ」

我が家の有るマンションから歩いて四十秒です。

私「解った、電気屋に」

ボーちゃん「もっとずっと遠く行こうよ」

我が家の有るマンションから歩いて五十秒では駄目らしいです。

という訳で二人で寒空の下、ペットショップに行って来ました。
私とデートだと言って自分の実の母親を置き去りにするあたり、ボーちゃんは割りと鬼畜です。
ボーちゃんママの哀愁漂う視線が本気で哀れでちょっと切なくなりましたが、ボーちゃん曰く「デートなのにお母さんが一緒なのはおかしい」という事です。

何?私の事好きなの?と聞いたら「割と」だそうです。

私「でも私はボーちゃんのこと超嫌いだよ?」

ボーちゃん「サキが超って言うとき全部嘘だね」

鼻で笑われましたよ。そして男前です。
娘を除けばこの世で一番好きですよ。

で、カルビ(飼い猫)用のグッズを色々買って帰りました。
私の恋人はこれで満足らしいです。

しかし、いつの間にやらまさかの恋人ゲットです。
子供相手とはいえ私の人生で全く縁が無いと思っていたのにね。

なかなか人生面白いものです。


ボーちゃんママ「あの子、同性愛者なんでしょうか・・・」

とかほざいてたので、お前何言ってんの?馬鹿なの?死ぬの?と頭叩いときました。

全く、変な親子ですよこいつら。







では、皆様、変な日記で本年も終わりましたが、来年も宜しくお願い致します。
良いお年を。

FC2Ad