サキの先の先 家庭内暴力&虐待日記

私(独身&省エネ体型)と娘(元姪)+幼女ボーちゃんによる家庭内暴力&虐待日記(母受け・娘&幼女責め)。

私「たまに声の出し方忘れる」 娘「かつぜつって何さ?」

トラックバックテーマ 第1439回「あなた滑舌(かつぜつ)が良い?悪い?」



私「早口言葉が出来たり、話し方が他の人に解りやすかったりする感じ」

娘「・・・・早口言葉って、生麦生米生卵とか?」

私「そうそう。そういうのがちゃんと言えるとカツゼツ良いって言うのさ」

娘「・・・お母さんは声小さくて解りにくいね!もっとオナカに力入れると良いよ!!」

お前は声デカ過ぎだ。

一度コンビニで

娘「お母さん!ポンタンあったよポンタン!ラプキンもあるよ!!」

と大声で言われたのには参りました。
高校生とか娘と私のこと凝視しながら「小さっ(ボソ」とか私の事見ながら言われた時にはもうね、タンポンだよナプキンだよ、と訂正する程に私のHPは高くなく

私「む、むすめ・・・・・母ちゃん泣きそうだからほんと止めて・・・・喋らないで・・・・」

と懇願したものです。

いくら虚弱体質でパッと見て小学生並みの体格でも 来るものは来るんです。
不定期で、しかも起き上がれなくなる位キツイ事もよくあるんです。
そこで高校生とかに、チッセェ、とか言われると立ち直るのにリアルに三日掛かる位精神的にも軟弱なので勘弁してください。

何度かこのブログでも紹介してる娘の友人K美ちゃんのお母さんは綺麗な人なのですが、とても姉御肌な肝っ玉母ちゃんでして、あの人くらい爽快な性格をしてたらこんな苦悩もないんだろうなぁ、とか思ったりします。

しかし、声小さいかぁ、やっぱり。
あまり人と話さないから音量調節が下手なのかもしれません。
大きい声を出すことに抵抗がある、みたいな感じ。

まぁ、取りあえず支障はないので構わないんですけどね。


スポンサーサイト



我が家の猫、カルビは足が悪いのですが最近は窓辺の日当たりの良い所が定位置になっています。

もしくは私の仕事机の下に置いてあるPC本体の横。

今朝、足元に居るとは思わず踏んでしまい、見事に噛まれました。

私「あだっ!」

娘「何!?」

私「・・・・猫踏んじゃった」

娘「・・・・・駄洒落?」

私「いや、マジ。ちょっと噛まれた」

娘「血出てる!怖っ!」

娘に治療してもらいました。

娘「・・・・カルビってほんと寝てばかりだよね」

私「まぁ、猫だし」

娘「まー良いけど、イタズラとかしないじゃん?」

私「まぁ、後ろ足動かないから面倒なんじゃないの?」

娘「友達の家の猫、ティッシュとか超散らかすよ?」

私「勿体無いから良いよ。大人しくて良い子じゃないか、カルビ」

娘「娘としては不満です。という訳で、カルビ!」

カルビ(ビクッ)

私「ビビッてるやん(笑」

娘「遊べ!!!」

ヘッドスライディングでカルビを捕まえる娘。

で、そのまま机の脚に頭ぶつけて悶絶する娘。

それを呆れた顔で見る、私とカルビ。


そんなコントみたいな土曜日。今日も平和で何よりです。

私「蚊・蝿ならOK、それ以外は絶滅すべき」 娘「・・・・毛虫?」

トラックバックテーマ 第1440回「この虫が怖い!」



毛虫は触ると腫れるから怖いらしい。

そうね、毛虫に毒があると思わなかった娘は思いきり触って両手全治1ヶ月って感じになったことあるもんね。

娘はゴキブリもネズミも余裕で撃退します。

結構新しめのマンションなんですけどねぇ・・・ゴキはたまにですが何故かネズミが2~3ヶ月に一回は出てきます。

ネズミに至ってはキックでもって窓の外に向かってシュートしたこともあります。

外に見に行ったら芝生の上でご臨終されてました・・・・南無南無。

私「雑菌多いから触っちゃ駄目だよ・・・それに外に蹴り飛ばしちゃあかんって」

娘「すぐ洗うから良いじゃん。それに殺したの片付けるの面倒だし」

いや、外の芝生エリア、マンションの子供たちが遊んだりするから放置しちゃ駄目だろと。

私「ネズミはばい菌の塊なんだから危ないんだって。母ちゃん弱いから、ネズミなんて触ったら多分即死するわ」

娘「・・・・・ネズミ嫌いなのをディズニーランド行かない理由にしてないよね?」

私「・・・・・・その内ねー」

娘「暖かくなったら行こうって言った」

私「・・・・・・・・・・・・もうちょい暖かくなったらねー」

娘「夏になって『暑過ぎるからもうちょっと涼しくなったらね』って言ったらマジで怒るよ?滅茶苦茶怒るよ?一生恨むよ?」

私「・・・・(私の友人の)SとA子誘って今月か来月頭くらいに行こうか・・・」

娘「解った!SちゃんとA子には私から夜に電話しとくね!お母さんどうせいつでも大丈夫でしょ!」

面倒だから行きたくないなぁ、とか思ってたから敢えて避けていた話題なのですが、我慢仕切れなかった娘自らの手で、外堀埋められるどころか正面突破されました。

・・・・いっそ猫と一緒にお留守番してようかしら・・・・ダルィなぁ・・・・

今更Twitterですよ

今更ツイッターです。

このブログ専用というか、数少ない知り合いにはこのブログ同様内緒です。

というか、ブログの延長で呟いてみようかな、と。

一応ブログを書くときは駄文ではありますが、極力読まれる事を意識して書いてるつもりです。
オチが無い文章とかは自分が書いてて辛いものがあるので。

と、言いつつオチは無いんですけどね、今回。

あ、別にフォローしなくてもこのブログに埋め込んだので読めます。
読む価値はあまりないですけど。

万が一奇特な方で私をフォローする場合、私自身が機能をよく理解してないので、返信的な事とかは難しい気がしますので、あまり期待しないで下さい。
まぁ、居ないとは思いますが。

えー。

今日はひたすらカルビ(家猫)を風呂場で洗ってました。
水、嫌がらない猫なのでカルビはタライにお湯と一緒に漬け込み、私と一緒にお風呂を満喫しました。

可愛いよカルビ可愛いよ・・・
もうすっかり君のトリコだ。娘の次に可愛い。

カルビのことで娘と取り合ってますが、それもまた幸せな喧嘩なのです。

私「枕代わりに柔らかい毛布を丸めて敷く」 娘「・・・・」

トラックバックテーマ 第1444回「あなたにとって寝心地のいい環境は?」



いつも私の足噛んでたり髪噛んでたりしながら寝る娘はノーコメントでした。


<><><>

ここ最近不運続き。
具体的には、実機ファミコンでプレイしていたドラクエ3を本体ごとカルビ(飼い猫)に猫パンチされセーブデータが吹っ飛んだり、貴重なセガの家庭用ゲーム機SG-1000が動かなくなってたり、ファミコンのアダプターが断線したりと全部ゲーム関連です。

ファミコンのアダプターの脆さは仕様としか思えない。まぁ、普段から 私が出して遊ぶ → 放置 → 耐えかねて娘が片付ける という流れなので、仕方無い。

アダプターは触れば触るほど脆くなるものなのです。

そんな話を友人A子にしましたら

A子「・・・・ドラクエなんてセーブ消えんだからエミュ使えよ。実機持ってりゃ犯罪じゃねーだろ、つか著作権切れてんじゃねーの?」

とのこと。

私「著作権切れてねーよ!むしろ切れてるゲームなんて何あんだよ!」

A子「お前が切れてんじゃねーかよ。別に実機持ってんなら違法じゃねーだろ」


まぁ、そうなんだろうけどね。風情も愛情も無い奴だなぁ。
データが消えるドキドキ感も含めてドラクエ3なんジャマイカ!!

さすがにドラクエ1、2のパスワード入力は辛いのでエミュ使ってしまいますが、一応両方とも現物有りますですよ。

しかし、SG-1000・・・・新たに入手せねばなぁ・・・・困ったもんだ・・・

私「すき家で大盛り牛丼を私ではなく娘に出されたこと」 娘「肉屋さんでメンチ貰える」

トラックバックテーマ 第1443回「お店のサービスで嬉しかった事や物は?」



週に1回は娘と近所のすき家に行きます。理由としては家事サボりです。
これ以上サボれるのか、と言われるくらい。

で、いつも牛丼並み盛を二つか、特盛を一つ頼みます。それにサラダととん汁が付きます。

牛丼並2つの場合、娘は一つ食べ、私は二口三口食べて娘にあげます。
特盛の場合、娘が食べてるのを私はボーっと眺めます。
食欲有る事の方が私の場合少ないので娘が特盛食べるパターンが多いです。

お茶を貰って大体店の奥、窓際席でボーっとしてます。

娘はひたすら牛丼と格闘します。
一見細身の女子小学生が牛丼2杯または特盛を食べる姿はインパクトあるらしく、最近ではタイトルの通り私ではなく娘の前に特盛が置かれます。

以前、食事の前後に娘の体重を量ったら2kg増えてました。

私「・・・・お前、どんな内臓してんだよ・・・」

体重の1割近く増やす胃袋って。もし私が食べたら入院する自信有ります。

娘「・・・・・おー太った(笑」

多すぎだよ。マジで。

が、医者からは

「食べる量は多いけど、減らすと体重も減っちゃうだろうから、娘さんの場合はバランス考えて食べさせて下さい」

とのことで。
困ったもんです、というか、これは遺伝だろうなぁ。
娘の実の親である兄も、生みの母親も大食いだったのに細身だったからなぁ。

まぁ、健康なら良いけどさ・・・

私「18.5cm」 娘「23cm」

トラックバックテーマ 第1445回「あなたの足のサイズは大きい?小さい?」



私が小さいのか、娘が大きいのか、その両方か。両方だろうなぁ。

何時の間にやら追い抜かれてましたよ。

というか、去年の今頃ですが、毎月のように娘の靴を買ってた気がします。

その度に上靴を買わなくちゃ娘が靴擦れ起こすので、

私「・・・一々買いに来るの面倒だから20cmから各サイズ買おう」

と、22cmまでサイズ刻みで買いました。
さすがに靴屋さんもそんな買い方する客は珍しいのか目が点になってました。

店員さん「大きいのを買う場合は有りますが・・・各サイズですか?」

私「はい。各サイズ一足下さい」

と、少々無駄な気もしましたが、買ってしまいました。

というのも、娘の場合飛んだり跳ねたりバクテンしたりが非常に多いので、靴のサイズが合わないと文字通り命取りになる気がしてならないからです。

案の定、というか、2,3ヶ月に一度は大きいサイズに切り替える結果となりました。

ですが、先月とうとう娘の履ける上靴がなくなりました。

さすがにこれ以上大きくなるかどうか怪しいので、これからは都度買いますが、

私「足デカいなぁ。知ってるか?馬鹿の大足って言うんだよ」

娘「お母さんは体も心もちっさいよねぇ?ねぇ?」

K.O

娘に勝てる日はもう来ないのかもしれません。

身長もメキメキ伸びてまして、元々娘は大きめの服が好きなので、私が間違って娘のTシャツを着ることもある昨今。

どうにも私は年相応に見られず中学生くらいに間違えられてしまうどころか微妙な時間に外を歩くと家出少女と間違われて補導されます。
そんなことから、その内、パッと見て身長差から、娘が私の姉に見られてしまう時が来ると確信しております。

娘の方が精神的にもしっかりしてるからなぁ。

頼りがいがあっていいのですが、親としては娘の重荷になりたくないのでひっそり生きたいと思います。

将来、娘の子供を抱っこすること。

トラックバックテーマ 第1447回「あなたの夢を教えてください!」



なのですが、どうにもヤンチャ過ぎて困ります。

今日は、というかもう昨日ですが、学校から電話掛かってきまして、また喧嘩やらかしたとの事。
呼び出し先が病院、という修羅場。

休み時間中に、5年生の男の子4人を殴る蹴るの暴行を加え、4人とも病院で治療が必要なくらい怪我させてしまったという。はじめ、4年生って聞いてたのですが・・・本当に、もう・・・・もう・・・・


小学3年生女子が年上4人同時相手で張っ倒すって、どこの戦国無双キャラだよ・・・・ orz

1人は前歯が折れ、1人は男性的急所を蹴りあげられ、1人は鼻を折られその後何回も殴られ、1人はお腹を何回も蹴られたとか。

娘は娘で右手が血だらけ。
相手に怪我させられた訳ではなく、相手の顔面を殴った時に相手の歯を殴って血が出たらしい。
足の痣も同じく相手を蹴ったときに・・・・


娘・・・・頼む・・・・手加減したってくれ・・・・どんだけ容赦ないんだ。
もう、喧嘩の仕方が子供の喧嘩じゃなくてヤクザのそれだよ・・・・


病院で、同じく駆けつけた相手の子供の親御さんと対面。
親御さん4人に罵詈雑言を浴びせられました。

一緒に来ていた担任と元担任の先生が止めてくれてなかったら殴られてたかも。
痛いのは嫌どすえ。


まぁ、息子が、相手や理由はどうあれ、大怪我させられればねぇ・・・
平静ではいられないのでしょう。

で、元担任の先生に喧嘩の理由を聞いたら、これまた本当にもう困った。

男子4人が、ある男の子を苛めていたらしい。
その男の子は海外から転校してきたばかりで日本語が上手くなく、さらに身体的にも特徴の有る子供らしく、それでもってその男の子達にイジられていたのを娘が見つけ、やっつけたとのことで。

しかも、相手の男の子の内1人は以前、娘の友達にボールをぶつけたとかで、その時も娘がボッコボコにやっつけてしまった相手でした。

・・・・・・・・・・またお前か・・・・そして、娘よ、またか・・・・同じ相手かよ・・・・・

それは元担任の先生からも説明を受けたのですが、

元担任「・・・・ちょっと今回はやりすぎかもしれませんなぁ」

と困った顔をされました。

相手の親御さんからは「訴えてやるからな!」と病院で口々に叫ばれましたよ。
うわーん・・・困ったぁ・・・お前ら類友かよぉ・・・



私「・・・・娘」

娘「・・・・・・・・はい」<珍しくしおらしい

私「もう、娘が正しいと思うなら喧嘩でもなんでもすればいいさ」

どうせ止めろって言ったってやるし。

娘「ご、ごめんなさい許して」

私「何かあったら先生とか周りの大人に言いなさいな。あれじゃ娘はあの子達と同じだよ」

娘「え、だって、あいつら」

私「あの子達は、弱い者苛めしてたんでしょ。悪い奴らだ。で、もっと強い娘があの子達を弱い者苛めしたんでしょ?」

実力行使を否定はしませんが、その前に言葉とか、人任せにするとか、方法があるんだよ、と。

娘「私、苛めたんじゃない」

私「母ちゃんは、娘があの子達を苛めたんだって思ったよ。あんな怪我させてさ。イジメを止めるだけだったら先生に言いつければよかったんじゃないの?」

娘「・・・・」

私も間違ってるかもしれんし、人の数だけ正しさも間違いもあるはず。

子供だから暴力もありなのかもしれんけどね、色んな方法があるし、色んな見方がある。

娘が、自分の信じる正義を愛し、鉄槌をもって粛正するのが正しいと思うのであれば、私はその反対の言葉を投げかける。

考えて考えて、その上で私のように日和見になるのもよし、熱血するもよし。
ただ、何となくの善悪感情で突き進んではいかんのよ、娘ちゃん。

平和に暮らして欲しいけど、多分娘には私の考える平和は無理でしょう。
ならばこそ、善悪二元論で突き進みがちな娘には、思考の可能性を広げて貰いたい。

喧嘩、すれば良いよ。
ただ、その代償は払わなきゃいかんし、それを知らなくちゃいけない。
力を行使すれば、それがどんな力であれ責任が伴うものなのだから、それを「正義だから許される」、というような思考こそ娘の心から排除しなければならないと思うのです。


あの親どもめ。訴えたくば訴えれば良いよ。

・・・・・・・・・・・・つーかさ!つーかさ!!
2学年下の女子に男4人で負けてんじゃねーよ!!
そもそもイジメカッコワルイって教えろよ!!

もー腹くくりましたよ!
真っ向から全力スルーして弁護士にスルーパス決めてやる!

いざとなったら尻尾巻いて逃げよ。
いや、ほんと、関わりたくないっす。放置して欲しいっす。

しかし、思考がほんと、真逆な親子です。我が家は。

私「あんまいい気になんなよ?」

トラックバックテーマ 第1446回「飼っているペットに一言伝えられるならなんて言う?」



最近、我が家の飼い猫カルビが調子に乗ってるので釘刺しておきたいところです。

先日風邪を引いてしまったのでアイスノンを頭の裏に敷いて寝てましたら、我が家のボケ猫が私が寝てる間に愛すノンを食い破ってくれやがりまして、グチョグチョ。
猫もグチョグチョ私もグチョグチョ。

まさか猫とローションプレイ状態になるとは思いもしませんでしたよ。卑猥通り越して文字でさえ引くレベル。

で、猫に、気まずそうな猫に向かって「あんま調子にのんなよ?ボケネコ。この変態猫」と言ったら

カルビ「ジャッ!!!」

と威嚇してきやがりました。
猫も逆ギレすんだー、とちょっと関心しました。


<><><><>

娘の喧嘩の件、というか、最早一方的な暴行ですが、先生の方から電話が有りました。

相手は怒り心頭。謝ってきたほうが良い、とのことで。
取りあえず、障害が残るような事態ではなかったようで一安心。

えー・・・確かに暴力ふるって、怪我を負わせた娘が悪いですけどね。


私「・・・・娘ー。引っ越しアーンド転校する覚悟しとけよー?」

娘「え・・・・・えぇ!?やだ!!なんで!?」

私「いやいやいや、しゃーないって。あんだけぶん殴ったらさ。まだ解らんけどさー」

娘「冗談だよね!?ね!?」

いや、本気。マジで。

私「本気で。例えば、娘がボッコボコに殴られたら、母ちゃん
その相手許さないもん。相手のお母さん達だって同じじゃねーの。
それにね、暴力振るったり悪い事したら大人なら刑務所に入れられて、
子供だと学校いけなくなったり子供の刑務所に行ったりすんだよ」

娘、手に持ってたおにぎりをボトリと落すほどショックを起こしてました。


ちなみに、相手には謝りに行きません。
だって病院で謝ったもん。

というか、相手もかなりヒステリー集団となっていたので、会話は不可能だと判断。
そして対人スキル皆無の私には荷が重いと即断。

弁護士の電話番号なら暗記してらぁ。という訳で、弁護士に電話して依頼しました。

その弁護士さんは娘を引き取る時に大変お世話になった方で、私がどういう人間なのかよく知ってる人なので、もうあとはお金の面だけ確認してお任せするつもり。

電話にて。

私「えーまー。治療費と慰謝料、常識の範囲でなら払いますんで、対応お願いしたいんです」

弁護士のK原さん「承知しました。しかし、娘ちゃん、随分と元気になったもんですねぇ(呆」

と。

横で心配そうに電話を聞いていた娘に

私「K原さん、覚えてる?」

娘「・・・・・あのいつも飴くれるおじちゃん?」

それだけ聞くと変質者みたいだな。

私「そ。あの人弁護士だから、助けてってお願いした」

娘「大丈夫かな?ねぇ?」

私「解らん。喧嘩したり、相手に怪我させると警察に捕まって、母ちゃんと一緒に暮らせなくなるぞ?」

娘「」

次の瞬間、娘、貧血起こして真後ろに倒れました。血の気の多い娘なだけに、さすがに焦りました。

しかし、豪快なんだか繊細なんだか。

冗談じゃなく、このまま体がさらに大きくなって、さらに相手に与えるダメージが大きくなったら私が言った事も現実となってしまうかもしれません。

なので、今回は娘の精神が持つギリギリまで娘を追い込みます。


可哀想だけど、簡単に人を殴る人間が今の娘です。しかも手加減なし。
それは相手を生きている人間だと認識していないからこそだと思うのですよ。
悪=人じゃない、くらいの。相手を人だと認識していれば、あんなことにならないでしょう。

誰かを傷つければ、それがそのまま自分に返ってくる、という事を身を持って学ばせなきゃいけないと思ったのです。

大丈夫。今までだって、娘は乗り越えてきた。
娘は辛いことだって逃げないで耐えてきた。
そしてちょっとずつ精神的にも成長してきている。

ここいらでいっちょ、暴力について決着をつけようと思います。

台湾の方でしたか。

娘が先日張り倒したイジメっ子たちが苛めてた男の子は台湾からの転校生だったようです。

小学生の内から差別っぽいの受けたら嫌になるだろうなぁ。

元担任の先生と、その子とその子のご両親が我が家にお礼に来ましたよ。
お菓子一杯頂きました。

両親ともまだ30代前半?くらいでお母さんが昔のビビアンスーみたいでスゲー美人でした。
ああいうスッキリした美人って好きです。
背と胸が私ほどじゃないにしても小さいのがさらに好感持て(ry


まさか玄関で終わらせるわけにも行かず家に入れました。

しかし、元担任(藤原組長似)よ・・・1本電話くらい入れろ。
お陰でヨレヨレTシャツと短パンで出ちゃったじゃないか。

苛められてたという男の子の方は、お坊ちゃんという感じで育ちが良さそうです。
ベストがお坊ちゃま臭をさらに増加させてました。
むしろ何でこの子が苛められるのか、と思ったくらい清潔感溢れる子でした。

やはり育ちか。育ちなのか。
だからウチの娘は山猿みたいなのか。


苛められっ子父親(以下父親)
「本当に有難う御座いました。また、ご迷惑お掛けし本当に申し訳御座いません」

深々とお礼言われました。ちょ、そういうのヤメテ、とちょっと引きましたが、私のような弱そうな人間にそこまで丁寧になれる人も凄いなぁ、と思いましたよ。

私「あぁ、いえ、ウチのが勝手にやったことですから」

元担任「そういえば、弁護士に依頼されると聞きましたけど」

私「あー。謝りに行くべきなんでしょうけど、ちょっと」

元担任「それは正解ですね。話しを聞くような相手じゃない。むしろ弁護士って聞いて逃げ出すかもしれませんよ(大笑」

笑い所じゃねーよ・・・

父親「掛かる費用はどうか、わたくしどもに全て出させて下さい」

言葉が凄い丁寧なんですよ。違う世界の人な気がしました。
こう、教科書から出てきたみたいな言葉で逆に間違った日本語を自分が使っていないか心配になったくらいでした。

頂いた名刺には、世界中の誰でも知ってるような家電メーカーにお勤めの方でした。私が株で昨年10万位損したところです。ははは。まぁ損切りは株の常ですので。

私「いや、ウチのが暴れただけなので、そういうわけには」

父親「息子を助けるためにされた事です。どうかお願いします」

私「あ、でも」

母親「お願いします」

お母さんはちょっと片言なのね。

私「い、いや、し」

子供「お願いします」

私「(うっ)・・・・」

3連続土下座ってずるくない?何この立派な息子さん・・・本当に苛められっ子かよ・・・

元担任「払わせて貰うまで帰らないって言ってたよ?」

元担任よ、急にタメ口かよ。

私「・・・・でも、結構高いと思いますよ」

父親「大丈夫です。恩人に苦労させて、助けられたままという訳には行きません」

明らかに金持ちだよなぁ、この人。
といやらしくも母親の服飾品を見て、まぁ、金持ちなら大丈夫か、と判断。

持ってきたお菓子も多分ここいらでは買えないですよ。とらや とか書いてますよ。
名前くらいは聞いたことありますが、大きい羊羹が5本、木の箱に入ってます。杉かな。
さっき検索したら、3万くらいするようです。やはり金持ちのようです。

いくら息子さんの件で恩を感じたとしても、持ってくるもののランクが違う。
重さ計ったら9kg位ありました。
9kgの羊羹って、そんな食えないわ・・・1本だけ開けて人にあげよう。
私だったらせいぜい5000円位ので済ませる。


私「・・・・じゃあ、甘えさせて頂いて」

父親・母親「有難う御座います!」

私「いや、本当に、こちらこそで、助かります」

という訳で、金銭面では解決しそうです。

元担任「いやー良かったですねぇ(笑」

くっ・・・・この人は本当に、良い先生なんだけどこういう無神経なところが嫌いだ・・・・

なので

私「まー、学校も訴えられえるかもしれませんけどね。監督不行届で。申し訳ないですねー」

とイヤミ(可能性は有るし娘のせいですが)を言ったら

元担任「まぁ、私、平教員ですし、両方とも担任じゃないですから。校長が考えるんじゃないかなぁ?(大笑」

くぉ・・・・むかつく。このおっさんむかつく。
まぁ、今の担任よりは良いですけど・・・世話してくれてる結果なんでしょうけど。
今時素晴しい先生なんでしょうけど・・・くぅ・・・・。
感謝もしてるんですけどね、相容れないタイプです。


父親「あの、息子さんにもお礼言いたいのですが」

私「??」

父親「是非直接、息子さんにもお礼を」

私「・・・・あ、うちの子、娘です

父親「え!?・・・・・し、失礼しました」

私「すみません・・・」

元担任、大爆笑。これが見たかったと言わんばかりです。
誰も言ってなかったようです。

娘を隣の部屋から呼びました。

で、娘にまで深々とお礼を言われ、母親の方にかなり気に入られたらしく

母親「是非、息子のガールフレンドに」

などと言われる始末。

私「いや、ウチの娘じゃ息子さんがあまりにも可哀想です」

と言ったら、お礼を言われ調子に乗った娘が私の背中を叩いてきました。

最後、息子さんも、娘にお礼を言って帰りました。

男の子なら年下の女の子に助けられたら恥かしいと思うのだろうけど、それを感じさせずにしっかりと娘にお礼を言って、非常に立派な子でした。やはり育ちだなぁ。
立派な親御さんに育てられればああいう風になるのか。

元先生「あんま暴れんなよぉ?」

娘の頭を撫でながら。

娘「今度は殴らないでやっつけるよ!」

・・・・・・・まぁ、若干進歩したか。
そもそも面倒ごとには関わるな、と言いたいところですが、もうそれはどうしようもないような気がしてきましたし。



取りあえず、金銭面を中心に負担が軽くなったので、助かりました。
立派なご両親、息子さんで良かったですよ。
モンスターペアレントだったらきっと、娘が助けたから余計にイジメが酷くなった、とか言われかねない気がしますし。

いやーしかし、お母さん綺麗だったなぁ。人生楽しいだろうな、あの位美人だと。

見てるだけで幸せな気分になったのは内緒。
次のページ

FC2Ad