サキの先の先 家庭内暴力&虐待日記

私(独身&省エネ体型)と娘(元姪)+幼女ボーちゃんによる家庭内暴力&虐待日記(母受け・娘&幼女責め)。

我が家の経緯

さて我が家の経緯。我が家は少し特殊です。
別に不幸自慢や苦労自慢ではありませんし、そんなのは趣味じゃありません。

私には娘が居ます。
その娘は実の兄の娘で、血縁的には姪に当たる訳です。

私の両親はすでに病で他界しており、実兄は交通事故で他界。
元義姉は再婚したものの、育児放棄で再婚相手からの娘へのDVも有った。

何年も姪に会っていなかった私は、本当に奇跡的な偶然でもってそれを知り、ドロドロなやり取りを経て姪を引き取ったという訳。

幸い、このご時勢でも忙しくも慎ましく生活するならば一先ず充分な収入が有る事、両親が残した家や記念硬貨などの遺産を早い段階で処理し、兄と分けていたので、兄の遺産は当然といえば当然ですが元義姉に持っていかれたものの、私の手元にも一先ず娘を成人まで育てるだけの貯金が有った事は、かなり恵まれた状況だと思っています。

両親に感謝です。本当に有難うと天に召したら言いたいと思います。


ふと、考えてしまいました。
姪を娘、養子として迎えるにあたり、誰が一番得したのか。

義姉・DV再婚相手は、私の足元を見て、それなりの金額を手に入れた。子供手当てがどうのこれまでの養育費がどうのとグダグダな展開だったが、最終的には彼らにしてみれば得だからこそ娘を手放したのです。許す許さないではなく、完全に交渉相手だと割り切りました。気分は凶悪犯と交渉するネゴシエーターでした。

娘にとっては、子供にとって当たり前の環境、無意味に怒られない・叩かれない・御飯が食べられる・愛される、という環境を得た。が、それは子供にとって当たり前な環境だから損も得もない。ま、その相手が私なのが不憫と言えば不憫な気がしないでもない。前よりマシだと割り切って貰うしかないですね。

さて、姪を娘として引き取り、誰が一番得をしたのか。それは確実に私だろう。

それまで在宅仕事で、仕事関係でも完全にメールでのやり取りで徹底していたので、ほぼ完全に引きこもり生活者でした。食事さえ出前か生協の宅配に頼って全く外に出なかった。最低限、仕事関係で人と会わなければいけない事が2、3ヶ月に一回はあったものの、その度に前日、前々日と緊張で寝れませんでした。はい、完全にアレな人でしたが、今は大丈夫です。一応、変な人とは思われますが、引かれていないとは思えるくらいにコミュ力付いたと思います。

今は毎日一応は朝起きて、朝食を作って、娘と一緒に途中まで学校へ向かう。
買出しをして、部屋に戻って、仕事する。掃除は出来る限りだけど、娘がやってくれている。
夕飯は仕事の状況次第だけど、作り貯めしたりするので何とかなっている。

生意気だけど私の事を大好きだと言ってくれる可愛い娘を手に入れて日々の孤独から救われた。
孤独が当たり前だと思っていた過去の自分が気持ち悪くて仕方ない位には自分自身でも前向きになったように思える。
また、人並みの生活習慣も手に入れ知らず知らずの内に健康になってきた。
面倒な事も多いけれど、学校関係で人と会う機会が少なからず出来て、数ヶ月間も他人と会話が無い、という状況からも脱した。

確実に得をしたのは自分だった。

そんなことを考えていると、隣の部屋で寝ている娘を外に出すのが怖くなってしまう。
出来れば首に輪っかつけて置きたい所だが、そうもいかない。

娘には母に出来ない、出来る訳が無いドリームと言う名の妄想、経済力包容力豊かで誠実な恋人作ってキャッキャウフフな人生を歩んで欲しいのだから、外にはどんどん出て貰わなきゃいけない。

冗談はさておき、別にキャリアウーマン的なものを目指して貰っても構わないが、少なくとも自分のように引きこもり人生は歩ませたくない。

どうにも女の子らしさ、というのとは違う方向の趣向を持ってしまっているようだが、親である私が私なので、問題なさそうならば自由にさせるつもりです。

普段の会話は親子というよりも、しっかり者の妹がだらしない姉を叱ってるような感じが多く、力関係も若干不利なのであまり偉そうに出来ません。

育った環境がアレだからか、自制心が強いというか、人の顔色を気にし過ぎな子なので私位は言いたい事を言える環境にしたいというのもあるかもしれません。

ま、だらしないだけですが。

そんな親子ですが、気が向いた方、適当に覗いていって貰うと嬉しいような恥かしいような気がして勝手に私が悶えます。
スポンサーサイト

娘、ファイアーエムブレムプレイ記録

ファイアーエムブレムとはシミュレーションRPGというジャンルのゲーム。

大昔ファミコンウォーズというファミコンゲームがあり、そのシステムをベースにファンタジーの世界観でもって開発されたものである、らしい。

娘がやっているのはさすがにファミコン版ファイアーエムブレムではなく、DS版ファイアーエムブレム。
新・紋章の謎です。お薦めは聖戦の系譜なんだけどな。
アレはある意味教育に悪いと言えない事もないかもしれないけど。

やってる間は相手にしてくれませんが、漢字が読めないと悉く聞いてくるので寂しくはありません、ええ。

声を掛けても生返事であっても、良いのです。引き篭りな親にとっては学校の話以外、共通の話題が解らないのでゲーム万歳です。

このゲームは、主人公のマルス王子以外に、マイユニットというプレイヤーの身代わり的立ち位置なキャラを設定出来て、キャラメイクが出来ます。髪型、色・顔つき・出生・職種(戦士とか魔術師とかナイトとか)が自由に決められます。

1回目のキャラメイクが納得いかなかったらしくやり直している娘。
その間にカレーを作ろうと野菜を切っていると「お母さん!!お母さん!!」と尋常じゃない呼び声にびっくりして包丁持ったままリビングに行くと

娘「お母さん!なんで、女はアーマーナイトになれないの?ずるいよ!」
私「・・・・鎧が重いからじゃない?」
娘「何とかなるよ!頑張れば!諦めちゃ駄目!守りは大事なの!」

お前は松岡修造か。
というか、私に主張しても仕方ないが、魂の叫びなのは理解したので頑張れ、と言い残し料理を再開。


娘「お母さん!お母さん!!!何でライアンすぐ死ぬの!?」
展開が読めたので、
私「弓兵は隣同士になると弱いから、離れなきゃ駄目だよ」
と答えると
娘「もう!!!弱いよ!!頑張れよもっと!!」
暑苦しい奴だな、娘。

その後も
「ドーガ遅いけど減らない!(HPが)」
「ライアン、矢で突け!矢で!(直接攻撃で反撃しないから)」
「この黄色の奴、強いね!!(アランの銀の槍さばきに惚れ惚れ)」
などと繰り返し、結局は第一章はアランが大活躍した様子。

後々考えるとアランは育たないからなぁ、次の章クリア出来ないと自分がやらされるからなぁ、と思い
「このお兄ちゃん病気だからあまり無理させないで、若いの使いな!この子とこの子とこの子!あと自分も育てなきゃ!」
と誘導しようとしたら「ヤダ。こいつら弱いんだもん」だと。超クール娘。

「誰でも最初は弱いから、強くしなきゃ駄目なの。一人だけ強くても皆守れないでしょ?」
と諭すと
「じゃー自分(マイユニット)育てる」

チームプレイとかそういう概念はまだ無いのだろうか。
それとも私の影響だろうか。とりあえず、難易度は低くしてあるし、魔術師なマイユニットを育てれば何とかなるのかな、と思いそれからは放置。

しかし、もうちょっと子供らしいゲームやりたがって欲しいのだが変な子だ、と思う。

敵キャラ相手に死ね!だの叫ぶ娘に一抹の不安を覚えつつ、昔の自分も似たようなもんだったなと思い考えるのは辞めました。

娘よ、そういう料理なのだよ。仙台油麩丼

IMAG0001.jpg


東北応援という事で、たまたま仙台油麩をスーパーで見かけたので買ってみました。
棒状の麩で、揚げてあるのでそのままでも食べられるみたいですが、そのままだと当然麩は麩で発泡スチロールみたいなので調理しました。

裏にB級グルメかなんかで見たことある気がしますが油麩丼の作り方が書いてあったので挑戦。

要はカツ丼のカツの代わりに油麩を入れるだけですね。
これは簡単だし油麩も保存が利く様なので冷蔵庫の物を腐らせない事に日々頭を悩ませている私としては非常に「有り」です。

さて、食べてみましたが娘は難しい顔をしてます。
私としては、想像通りの味。ダシが油麩によく染みて、これに生姜か何か少し入れればおつまみにもなりそうな大人の味だと思う。

私の味付けは基本的に薄味で出汁を利かせる(というよりも味の素に頼る)傾向があるので、調理方法さえ間違えてなければ人並みの味になると思っています。
基本的に凝った料理は出来ません、というかやろうと思ったことすらないですけど。


私「・・・・美味しくないかい?」

と聞くが

娘「・・・ううん」

と今一な反応を示し食べ始めた。

味が気に入らない場合でも、この子の場合は気を使って
「美味しいけど、ハンバーグの方が好き」とか
「1年に一回位食べたいかも」とか、
さり気なく、というか、かなり遠まわしに「不味い」「1年に一回なら許せる」という内容の事を言ってくる。

もっとズバっと言え、といつも言いそうになるが、前の家では文句を言おうものなら折檻物だったらしく、意思表示が出来るようになっただけ良くなったと思うようにしている。

しかし今回の娘の反応はちょっと違う。

確かに朝っぱらから油物と言えば油物な油麩丼は一般的にはキツイかもしれないが、この子の場合は、朝からから揚げやら肉やら、前の晩の残り物を自分から冷蔵庫から出して喜んで食べてしまう鉄の胃袋の持ち主。(一向に肉が体に付かないガリ子ちゃんだが、その内太れるのだろうか・・・結構大食いなんだけどなぁ)

他に納豆だって生卵だってあるし、目玉焼きだろうが卵焼きだろうがハムだろうが魚だろうが自慢の引きこもり用巨大冷蔵庫から出すのに、肉が食いたい!とか朝から平気でいう肉食女子嗜好の持ち主が文句らしい文句も言わず何故・・・・と頭を捻っていると

娘「お母さん・・・」
私「ん?」
娘「お金・・・」
私「お小遣い欲しいの?」
娘「違う・・・」
私「え?」
娘「お金無いの?」

泣きそうな目で言われ丼を落としそうになりました。

私「な、何?どうして?」
娘「だって・・・お肉無いから」

うわぉ。
娘には、油麩は、肉の代わりに仕方なく使ってるとしか思えなかったらしい。
そして、「肉が買えないほどお金が無い」と思われたらしい。

いや、確かに今日使ったのは油麩2本入りパックの内、1本の2/3位で、材料費としては微々たる物で家計的には豚カツを買わずに済む、という事であればとても優しい食材だけど、油麩は油麩で味わうべき美味しい食材だと思う・・・

と、上記の内容を説明したら、安心したらしくお替りまでしました。

もう一度味の感想を聞くと

「変だけど面白い」と、まぁまぁだった様子。料理の感想としては、普通じゃないけど。
○○の方が好き、という単語が出なければ一先ずは及第点。
基本的に好き嫌いが無い食い意地が張った子だから、栄養があって食事に喜びを見出せるようにしてあげたいと常々思います。

昔はウィダインゼリーやカロリーメイトやらが主食だった自分に語る資格はないかもしれませんが。

私も、正直豚カツ使うよりも楽だし比較的あっさりしてるけど味がしっかりしてるから油麩丼は好きでした。
次は煮付けにでもしてみようと思います。

娘語録

何かと名言(迷言)が多い娘。
いつも物陰から狙うスナイパーのごとく不意打ちを仕掛けてくれます。


レベル1 娘帰宅時。
私「学校どうだった?」
娘「ちゃんとあった」<ちゃんと学校という建物が存在していた、の意

レベル2 TV通販で青汁CMを見て。
私「ねぇ、野菜沢山食べたのと同じっぽいよ?」
娘「野菜食え」


レベル3 私がゲームをしている時
私「・・・」<夢中
娘「ゲームは1日1時間!」
私「名人!?」
どこで仕入れた知識か未だに不明

レベル4 娘の友達が遊びに来た時に隣の部屋から聞こえた会話
友「娘ちゃんのお母さん若いよね」
私(そりゃそうだ。君らのお母さん達の中では最年少に分類されるわ!)
娘「中身オッサンだけどね」
枝豆とビールでテレビ見るのはNGらしいです。

あぐら掻いてた時なんか、まさか小学2年の娘に本気で説教されるとは思いませんでした。


たまに腹が立ちます。
けど、楽しくて、面白くて、可愛い娘です。
恐らく、将来、結婚相手を紹介されたら私は
「私を倒してからにしろ!」
とか立ちはだかると思います。

構って貰える内に子離れ出来るだろうか。否、無理だろう。

夏休み もうすぐ終わってしまう。

娘は小学生ですが、夏休みって良いですよね。
なんか夢が詰まってるような気がします。
自分の時はひたすら怠惰な毎日を送ってましたが。

一緒に居られる時間が長いのは嬉しいのだけど、小言が増える増える。

ちなみに小言を言うのは娘で、言われてるのは私です。

掃除も洗濯物もやってくれちゃう良い娘なので文句は言いません。
料理はまだ火と刃物が危ないのでお手伝い程度ですが。

掃除は私の仕事道具・服・ゲーム・本類が力一杯散らかる程度で娘が
その都度整理して歩くので夏休みの間はひたすら綺麗な床でした。

その歩く姿が何かに似てると思ったら、

iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 577 シルバーiRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 577 シルバー
(2009/09/16)
iRobot (アイロボット)

商品詳細を見る


ルンバですね、ええ。
ルンバは本や道具を元の場所に片付けてくれませんが。

娘「お母さん、その都度片付けなよ。部屋汚れてるよ」
私「娘が居るから大丈夫。綺麗だよ」
娘「私がお嫁に行ったらどうすんの」

ショックでした。いつかお嫁に行く気ですよこいつ。
いや、そりゃそうなんですけどね。
小学校2年のくせに生意気だ。私だって嫁になんて
行ったことないのに。

今後も予定は一切御座いませんが。

私「お嫁に行ったら、死ぬ」
娘「だったらいつも綺麗に」
私「娘が嫁に行ったら寂しくて死ぬ」

相手にされませんでした。
こういうスルースキルを身に付けて行くのが
親離れなんでしょうか。

逆ニグレクトです。夏休みが永遠なら良いのに。

強かに生きよ

娘とスーパーにお買い物行ってきました。
3日ぶりのオンモです。

そして今、娘は冷蔵庫の整理&買ってきたものを仕舞っています。

スーパーでの会話

A「これ美味しそう・・・」
B「あ、駄目!チョコならまだカントリーマームがあるでしょ!」

A「ねぇねぇ、桃食べない桃?美味しそうだよ!」
B「まだブドウ残ってるから今度ね」

A「ナス買うの?玉葱も?え~・・・」
B「安いから買っておくの!文句言わない!」

A「このミートボール食べたい」
B「これは甘くてオカズにならないから駄目。こっち」

A「鶏肉買っておこう」
B「そっちは駄目!こっちの同じのが割引になってる!」
A「30円しか変わらないじゃん」
B「どうせ今日か明日で全部食べるでしょ?ならこっちで良いの!30円あれば美味い棒3本買えちゃうんだよ!!」
A「美味い棒あっちだよ」
B「そうじゃなくて!どうせすぐ食べるんだから安い方で良いの!ちゃんとしてよもう!!」

全て、一言目のAがワタクシ。二言目のBが娘。

我娘と考えると突然変異と言える位しっかりした子です。
私以上に冷蔵庫の中身を把握しています。

最近では1000円札渡しておくと、別にお小遣いとして好きに使って良いんだよ?と言っても近所のスーパーで肉だの野菜だの食料を買ってきます。
最近は近所の八百屋?かどっか?露天売り?よく解らないところで買ってくることもあるらしく、大してお金持ってないのに両手一杯の袋に買ってくることもあります。何か、虐待してるみたいに映らないだろうか、と不安にもなったりしますが、獲物をゲットしたぜ!みたいなドヤ顔で帰って来るので、ま、良いや、と。
そういう所で買ってきた野菜は虫がちょろちょろ付いてるので私は苦手ですが、娘は私が虫(例え小さな羽虫でも)苦手なのを知っているので一度風呂場で洗ってから仕舞ってくれるとても良い子です。
野菜の鮮度的には良くないのだろうけれど。

言わなくても勝手に色々やってくれる辺り、ある意味危機感を覚えてしまいます。
思えば、娘が家に来てから教育らしい教育、私したことないわ・・・と。
完璧なる反面教師だと思うのですが、このスペックの高さは何なのだろうか。
前の家では何かやると怒られるとかで一切何もしなかったような話を聞いていたのだが、元々生まれ持った能力なのだろうか、と少し悩む。
それなら私の血筋としては完全に私自身が劣等遺伝子だと思う。

勝手に家の事してくれるし、お手伝いどころかむしろ主役だし。
どちらが親か本気で解らなくなってきた。

もうちょっとゆっくり育ってくれて構わないのだが、親が親なのでむしろ、「強くならなければ生きられない」とか自己防衛本能が働いているのだろうか・・・有り得る。

もうしばらくしたら、習い事とかもしたくなるかもしれないからよく話し合わないといけないなぁと思います。

トラックバックテーマ 第1264回「今、行きたい国はどこですか?」

こんにちは!トラックバック担当の新村です今日のテーマは「今、行きたい国はどこですか?」です!この暑い夏はちょっと涼しい国に行きたくなりますね新村はカナダに行きたいです・・・2月頃に一度カナダに行ったことがあるのですがマイナス20度で死にそうになりましたたぶん今ぐらいの時期はちょうど涼しそうかなと思いますあと韓国もいいですね。。。最近行く方も多いですが私は単に焼肉をたらふく食べたいです皆さんはどうで...
トラックバックテーマ 第1264回「今、行きたい国はどこですか?」



ベネツィア。
丁度漫画のARIAを見終わったので。

うーん、アリスちゃん可愛いねぇ。

最近何故か小学生から中学生位の女の子を見かけると凝視してしまう。
そういう趣味は無いはずだが、逆にどういう趣味なの?と言われてしまうと、
「男性に特別興味御座いません。性的な意味で女性にも興味御座いません。
でも、小さい女の子を見てるのは好きです」
という成人男性の発言だとしたら社会的に抹殺されそうな感じです。

娘から、将来恋の相談とかされたらどうしよう。
恋愛経験どころか人付き合いの経験値すら、今の娘にすら負けそうなのになぁ。

ま、妙にしっかりしてる子なので、いざそういう場面となったら、相談する相手は
間違えないとは思いますが、それはそれで寂しい気もします。

むしろ娘にこのまま嫁になって貰いたい位です。
自他共に認める駄目人間ですから、娘に養われる・世話される未来のビジョンが明確に思い浮かびます。

溜め込む娘



※拍手でのコメント有難う御座います。嬉しいです、本当に。


基本的に、引き篭りの生活というのは、誰かに養われていたり生活に窮するような状況でもなければ、感情面においては、自分から行動しない限りどうやったって嫌な事も嬉しい事も起きないものです。

外的要因がほぼ皆無ならばストレスも糞も無かった訳なのです。

漠然とした未来への不安だけが残りますが。

ですが、今は違います。

娘次第で毎日が変化します。娘の朝の様子でこちらも気分が変わってしまいます。
娘が元気ならば気持ちが軽く、具合が悪ければ、情けない話ですが動揺してしまいます。

つまりは娘がジンクスそのものと言えないことはないのです。ちょっとよく解らない理屈ですが、娘次第で一日の気分が変わります。

学校で、何か嫌な事があったような時は、娘はじっとしています。具合が悪い時も、具合が悪いと泣いたりぐずったりせず、体育座りをしてじっと組んだ手を見ています。

口も利かず意思表示をしようともせず、部屋の隅で石のように動きません。
それが彼女の堪え方のようで、一時はどうやったら良いのだろうか、と悩んだものです。

口下手な私には何て言ったら良いのか解らず、何を言っても目も合わせてくれません。
構うな、というオーラを纏っていますが、部屋は他にもあるのに私の居る部屋の隅に陣取る時点で破綻しています。

落ち込んだ娘、わざわざ私が居る部屋まで来て隅に陣取る娘、誘い受けという奴だろうか、といつも通り
「むーすーめー抱っこー」と抱きつこうとします。

初めの頃はそれで上手く行って機嫌が直ってましたが最近は上手く行きません。
抱きつこうとすると文字通り足蹴にされます。DVです。ツンデレ気取りですかこの娘は。
お前も私もどっちかというと病んでる方のヤンデレだぞ?とよく解らない感想を抱きます。

腹が立つし心身共にダメージも結構有るのですが、ここで挫けると色々と破綻しそうな気がして怖いので、クロックタワー3の敵キャラバリにしつこく追い掛け回します。

クロックタワー3はプレイヤーがか弱い女の子を操作してハンマー男とか斧男とか硫酸男とかから恐怖に負けないよう逃げ切る、という実は本気で怖いゲームなのですが、娘に対しては、悪役で追い掛け回す役の私の方が拒絶される度に恐怖で負けそうになっているのは内緒です。3回拒絶されると本当に心が折れそうになります。

あまりに拒絶されて辛くなって本気で泣きそうになった自分を誤魔化すために
「ふはははは・・・まーてー・・・」
と前髪を前に垂らして貞子チックに不気味に追いかけた時は泣き叫ばれましたので禁じ手にしています。

最後は何をするでもなく娘を抱えるだけですが、その後は割りと普通の状態に戻るのでそれで良いみたいです。

世間的に言えば叱らずとも自分で大抵の事はするし運動も勉強も面倒見の良さもクラスで一番だと担任の先生からお墨付きを貰っている、所謂優等生らしい娘。

しかし実はかなり気難しい。

スーパーやお店に行っても店員とすぐに仲良くなるという私にとっては信じられない離れ業を行える位のコミュニケーション能力高い娘は、辛い時には完全に内側に篭る。

その都度正解が解らないので、取り合えず傍に居るようにしています。
正直、娘が優等生だと聞かされても、誇らしいという気持ちは生まれませんでした。
ただ、親として褒めなきゃいけない気もして褒めても「へー」と他人事のように興味が全く無い様子。

むしろ買い物を頼んだ時に、戦利品を褒めるといつまでもいい気になっている変な子で、それはそれでウザイのですが、どうにもリア充要素満載でスペック高いくせに価値観がそれに沿っていない様子。

もうちょっと素直に、子供は子供らしく馬鹿で良いと思うのだけど、それを押し付けるのも意味が不明なので難しい所です。

嫌な事が有ると、自分の中に溜め込む。
この悪い癖だけは何とかしなきゃ駄目なのだろうけど、私にはどうしたら良いか解らない。

己もある意味問題だらけだが躁鬱の気も無くただ単に面倒臭がりの人付き合いに慣れて居ないだけで前より良くなってもいるのだが、娘の事を考えると、娘も一緒に専門家にその内行った方が良いのかもしれない。

確実に前の家の悪癖の一つだろう。溜め込まれる位ならどこかれ構わず泣き喚いて発散して貰った方が良い。

おんも

朝からハイテンションな娘。

娘「どっか出かけよう!」
私「どっかって、どこ行きたいの?」
娘「ペット屋!」
私「この間行ったばかりじゃん。遠いから面倒」
娘「ならツゥタァヤ!」
私「何故CM風」

面白い奴だなぁ。

という訳で、ツゥタァヤ!に行ってきましたよ。

1Fが本屋とスタバ、2回がレンタルのお店。

相変わらず(変わる訳無いが)広いなぁ
人多いなぁ
私が超雲なら三国無双しちまう位人居るなぁ

娘が真っ先に向かうは雑誌コーナー。
犬猫が好きらしく、新しい雑誌が無いかチェックする。
娘の暇つぶしに付き合ってるだけな私は娘の横で適当な
雑誌を開く。

「鉄道ファン」

おっおー。マニアック過ぎた。真面目に読んでも何を
言っているのか今一解らないが、世の中色んな需要が
有る物ですね。

その横に、ディズニー特集?な雑誌を発見。

そういや娘はディズニーが好きだったなぁ。
やはり子供にはジブリディズニーは鉄板のようです。

私が
(うわぁ。夢の国って、絶対私には相容れ無いわぁ・・・)
と読んでいると娘がじっと私の顔を覗き込んで
いるのに気付きました。

ヤバイ。変に期待を煽ってしまった。
娘と目が合うとすぐ逸らされました。

その目は
「行きたい・・・もしかして・・・でも引篭りだし・・・」
と叫ばれているような。目の前の犬猫雑誌を見ていない眼の
奥で感情の渦が見えた気がします。

目は口ほどに物を言う、という奴か。

遊園地・動物園などなど、苦手ジャンルは出来るだけ
スルーしてきましたがそろそろ限界のようです。

私に負担を掛けまいと気付かないフリをする娘が大分哀れになり、

私「娘。プール、水族館、お祭りだけで今年の夏の気力体力は尽きました」
娘「楽しかったよ」
私「ディズニーランドはすぐには無理です。遠いので着くまでに私が
死にます。でも近場の遊園地なら10月位まで待って貰えば行けます」
娘「良いの?」心配そうな目。
私「うん」
娘「お金大丈夫?」心底心配そうな目で

orz

この子のこの心配はどこから来るのだろうか・・・
今まで何か我慢させた事も無いし小遣いも余計な位与えてるのだが、
毎月毎月貯金箱の重みが増すばかりの様子。
友達と遊びに行ってもあまり使おうとしないようです。
節制過ぎというか、子供らしい計画性の無さとは無縁な娘。

私「娘。ウチは金持ちでもありませんが貧乏でもありません。
遊園地位超余裕です。何なら今日はこの後ファミレスでも構いません。
デザートも食べ放題でもOK」

娘「高いからお外で食事は駄目。家近くじゃん。
それならスーパーで肉買おう肉!肉食べたい!」
私「・・・・鳥じゃなく牛食いたい」
娘「えー。牛高いよ」
私「鳥は飽きたからヤダ」

いつも安くて量が多いからと鶏肉を買う娘。最近は毎日でさすがに
飽きました。買い物して来てくれると言うもんだから好きにさせて
居たら、野菜類などは妥当ななのだが、肉はいつも鶏肉。

娘「もー。すぐ高いの買うんだから」
私「鳥食べ過ぎると絶滅するから可哀想でしょ。それに牛好きでしょ牛」
娘「好きだけどアメリカじゃなきゃ駄目」

小2で原産国気にする、しかも安全面ではなく価格面で気にするなんて、
どういう教育されてんだ。
そんな教育した記憶が無い、というか原産国なんて見ないわ。


という訳で、1枚880円のステーキ肉を2枚買いました。
娘は大きい肉に興奮気味。塩かタレかで悩んでいるようなので半分こに
する事を提案したら「お母さん天才!」と滅茶苦茶褒められましたよ。
真面目過ぎるのか若干機転が利かない所があるのかもしれません。

確かに普段の食事と考えれば高いですけど、ファミレス行ってデザート
も付けたら一人1000円じゃ足らないよな、多分。

煩い外食より、家で食事の方が好み。娘は肉が好み。
両者の利害が一致した瞬間です。

そろそろ秋が近づいてきた気配を感じるような、感じないような。

遊園地かぁ。まー、作法が解らないですが、連れてってから考えましょう。
連れてくまでの気力体力の回復が最重要課題なので、ステーキを日本酒と
共に頂いて、英気を養うこととします。

夏休みの宿題

※メッセージ有難う御座います。そうですね。夢の国に来年挑戦。
私がそのまま現世から旅立たないよう準備してからですが。

==============

さて、娘の夏休みももう僅か。

私「そういや宿題やったの?」
娘「は?」
私「いや、夏休みの宿題」
娘「そんなのあったっけ?」
私「え、有るでしょ?普通(汗」
娘「なーんてね!とっくに終わったっすよ!
終業式の日に終わらせた!」
今日は1日昼寝してたようで、妙にテンション高い娘。

しかし、居たよなー、こういう妙に要領良い奴。
夏休み始まる前に終わらせる奴とか意味解らなかった。

「宿題をやる計画なんて立てる前に終わらせちまえよ、
まどろっこしい!」

とか考えるリア充体育会系脳筋オレ様タイプの方が恐らく
世渡り上手なんだろうなぁ。
娘よ、ほんと男前だよ。嫁にして下さい。

私は初めから終わらせる気がいつも無くて兄にやって貰って
居たという昔からの社会不適合者でした。
やってしまう兄も兄でしたが、注意しない親も親でした。

あれ、自由研究って無かったっけ?と思い、

私「自由研究は!?」
娘「それは大丈夫。これ出すさー!ほいさー!」

バーンっ、と娘が取り出したのは読書ノート。
B5ルーズリーフ一枚一枚に本の感想が書かれている。

これは私が日々やっていることに近い物で、私の場合は
読んでいる本に対しての落書き、走り書きだけして清書を
せずに覚書程度に50音順に纏めている。

確かに娘は読書好きだ。
近くに図書館がある事から、夏休みの間は、3日に1度は
本を借りに行っていた。

見てみると、どうやらこの夏で、67冊本を読んだらしい。

ま、約半数が漫画なのはご愛嬌だろう。しかしそれでも
よく読んだものだなぁ・・・静かにしてる時は確かに本を
読んでるなぁとは思っていたがこれ程とは。

漫画については手塚治虫先生にハマッたらしい。渋すぎ。
あと日本の歴史シリーズ。定番ですね。このまま歴女行くか?

漫画以外だと、魔女の宅急便・・・え、魔女の宅急便って、
何冊も有るの?ジブリで映画化してる奴のイメージしか
無かったのだけど、6巻まであるらしい。

あとは「エルマーのぼうけん」とか名前しか知らない
ような本が殆ど。

「かわいいこねこをもらってください」とか言うのには
他の物とは比べ物にならない文字数を使っている。
これだけルーズリーフを3枚、都合6ページ使っていた。
猫、飼うとか言わないよな・・・今の住まいはペットNG
だし、多分私は猫アレルギーなので無理。
以前猫を撫でたら体中に蕁麻疹が出た事があるので、
それ以来猫は鬼門なのです。


全体的な感想として、初めは、

「感想文というにはあまりにも散文的で、○○の場面が
面白い、とかその程度の単調・単純な感想が多いのは
感想文としてはいくら低学年とは言え稚拙なのでは。
ましてやそれが繰り返されるとなると」

と、一瞬思いました。

が、これは読書感想文であって読書感想文ではない
という事に一通り読んで、やっと気付く。

読書感想文は読書感想文で、別にちゃんと課題として
出され、それはそれで別に原稿用紙に書いてありました。

つまりは、これは、読書感想文ではなく、
「読書感想文集の編集」
が、娘の夏休みの自由研究だったのです。

本人に確認したら、やはり、それがこの自由研究の
目的でした。

そういう意味では、「嫌味な位、完成度高ぇ・・・」
と思わせられました。

・一枚一枚に読み終えた日付、大体の所要時間、
登場人物、あらすじ、感想が書かれている。
・感想の欄は娘の好き嫌いが大きく関わっている
ようで、1ページの半分も書かない本もあれば
2ページ、3ページにも及ぶ本もある
・タイトル毎に五十音順に並んで居る。
・出版社、著者名、タイトル別索引がそれぞれある。
・表紙がある。

中も外も、子供らしいイラストや☆マークなど無く、
文字だけ。字が綺麗な方ではないので無骨なイメージ
すら有ります。字まで男らしいなぁ、娘よ。

やってる事や狙ってる事があまり子供らしく無いとは
思ったが、何かの記憶がよみがえった。あー、そうだ。
これは紛う事なき兄の血筋だ。

基礎能力が高く、やり始めると妙に凝り性、完璧主義。
真面目一直線。ズボラな所は一切無かった兄に似ている。

そういう意味では私にとっては微笑ましい宿題へと
急変したが、ちょっとコンセプトが解り難かったので、
娘に一応表紙にどういうつもりでこれを作ったのか
書いて提出するのをお薦めしときました。

この自由研究の意図を理解するの難しいって、本当に。

子供は子供らしく、パンにカビ生やしたり塩の結晶作ったり、
最終日まで何もやらず焦ったりしてれば良いと思うのですが、
それを押し付ける事こそ問題だと思われるので、後は手放し
に褒めておきます。面倒な作業が好きっぽいなぁ・・・

あまりに隙の無い娘で自慢と言えば自慢では有ります。
ただ、この娘の隙や汚点、弱点があるとしたらそれは
まさに私自身だなぁ、と頭をポリポリ掻いて自分自身を
誤魔化さざるを得ない心境です。

まぁ、成る様に成りますか。

FC2Ad