サキの先の先 家庭内暴力&虐待日記

私(独身&省エネ体型)と娘(元姪)+幼女ボーちゃんによる家庭内暴力&虐待日記(母受け・娘&幼女責め)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれだ、あれ、あれに似てる

ボーちゃん、中学生になった訳ですが、

私「セーラー服じゃないんだよねぇ」

娘「セーラーのとこってここら辺有るの?」

私「知らんけど、ボーちゃんにセーラー服着せたら最強だと思うんだよね」

娘「あっ(察し」



リアル↑が見たかった。コスプレ用でも買おうかな。

ボーちゃん「最強って?」

娘「ボーちゃん、いっぺん死んでみる?って言ってみて」

ボーちゃん「・・・・・やだ」

私「えー言ってよー」

ボーちゃん「冗談でもそんなこと言っちゃ駄目だよ」

真面目だ。
ボーママの教育が開花し始めてる。かなり遅いけど。


ちなみにボーちゃん、先日Jママにマジ説教してて笑えました。

ボーちゃん「Jママ。ちょっと文句言いたいんだけど、良い?」

Jママ「え?な、なに?怖いんですけど(引」

ボーちゃん「あのね、もうちょっとJ弟かまわなきゃ駄目」

Jママ「あ、はい、ごめんなさい。ごめんね、ボーちゃんにばっかりさせて」

ボーちゃん「世話するのは別に良いんだよ。好きだから良いの。楽しいし」

Jママ「ありがとう!」

ボーちゃん「でもね、J弟、たまに私のことをママって呼ぶ。これは駄目」

娘「あ・・・それはあかんわ」

ボーママ「あー(呆れ」

私「ぶひゃっひゃっひゃっひゃ!(爆笑」

J弟君、二語くらいなら繋げて話せるようになってきてます。
ちょっとまだ体が小さいようですけど、ギリギリ未熟児にはならないくらいらしい。

最近では私にも慣れて抱っこすると目を突いてきます。

私「怖っ!なんでこの子目を突こうとするの!?」
ボーちゃん「サキが笑うと触ろうとするね」
娘「お母さん、笑うともう目が完全に糸目になるから出してあげようとしてんじゃね?(笑」
私「怖っ!」

ブルーライトカット眼鏡大活躍です。指紋でべたべたになりますけど。
J弟目潰しカット眼鏡。

J君「可愛いんだけどさ、年が離れすぎててちょっと将来どんな関係になるのか不安なんだよね」

娘「あー。一回り以上離れてるからなぁ」

ボーママ「そのくらいなら年の離れた兄弟ってことで何とかなるよ。
近所の○○さんなんて今妊娠してるよ。再婚するんだって」

全員「「「はぁ!?」」」

私「えっと、○○さん、この間成人した娘さん、居たよね?(汗」

ボーママ「うん。前の旦那さんとの娘さんね。だから20歳差だよ?」

私「○○さん、わっけぇな!」

娘「いやもう、なんていうか、凄いわ(w」

○○さん、確か、私より十才は上ですから40代です。
高齢出産の範疇なんでしょうけど、この少子化の時代に素晴らしい。
頑張って欲しいです。

ちょっと声がデカくてたまに五月蝿い人ですけど、裏表なさそうな感じでボーママとは仲悪くはないです。

Jママ「我が家は安泰ですねぇ」

私「おお?」

Jママ「娘ちゃんとボーちゃんは我が家が貰いますから!」

ボーママ「まぁ本人達が良いなら良いけど」

ボーちゃん「駄目だよ」

Jママ「え!?」

ボーちゃん「J弟が大人になったころには私、おばさんだもん。可哀相だよ」

娘「三十代の三人の前で大暴投辞めろ(w」

私「いや、我々三人ともそういうの気にしない系だけど(w」

Jママ「大丈夫ですね!ボーママ、年齢不詳ですから!」

あんたが言うか。まぁこいつの場合金掛かってるからなぁ。

確かにボーママは美人というか整ってるけど薄い顔してるんで年齢不詳なんですよね。
二十代中盤と言われればそうだよね、みたいな。

私は相変わらず外で煙草吸ってると御巡りさんに身分証提示を求められ、
初めて行くコンビニでは身分証提示しなきゃ結構な頻度で煙草も酒も売ってもらえません。
マイナンバーの写真つき、実は結構助かってます。

私「光源氏逆バージョンはアリだと思う」
娘「なんかすげぇ(w」
ボーママ「この子、すっごいハンサムになりそうだから押さえておいたら?(w」

JパパもJ君も美男子だしJママも美人さんだからなぁ。ハイブリッドですよ。

ボーちゃん「もうちょっと目が細い方が好みかな」
娘「お母さんが悪いね」

私のせいかー。刷り込みってあるよね。

ボーちゃん、コナンの沖さんとか好みです。

33701796.jpeg

でも好きな俳優はオダギリジョーという意味不明さ。
結構映画も最近見てて好きになったようです。
中学一年生の好みじゃない気がする。
でもそっち路線だと明らかに爽やか系に育ちそうなJ弟は好みじゃないかもしれない。

ちなみに女性有名人だと富永愛が好きらしい。

まぁ、平和に暮らしてくれればそれでいいです。

スポンサーサイト

ボーちゃん 面白い


ボーちゃん「サキ、頑張ってるね」
私「え? そう?」
ボーちゃん「良い子だね」
私「まぁね!」
ボーちゃん「良い子だから遊んであげるよ」
私「えー」
ボーちゃん「遠慮しなくていいよ」

という訳で、なんか二人でずっと将棋してました。
この子、長考だけど強いんです。チェスも。
世界中の人と戦えるスマホアプリでは結構高いランキングキープしてます。

私「ボーちゃん、将棋教室でも行ってみる?」
ボーちゃん「え、やだ」

習い事系をことごとく嫌うボーちゃん。
本気でやればこの子なら相当いいところまでいくと思うんですけどね。
保護者の贔屓目ですが頭の回転自体いいですし。

私「そっかー」
ボーちゃん「サキ、こういうのは遊びだから楽しいんだよ」

ガキが達観してる!

私「まぁ、そうかもねー」
ボーちゃん「それにさ、そういうの通うと遊ぶ時間が減る」

最近DVD視聴時間が激減してますが、植物関連の本読んだりJ弟君やグレンの世話したり友達と遊んだりで忙しいボーちゃんらしいです。

まぁ小学生はのびのび生きればいいと思います。

私「のんびりするのって、一番いいよね」
ボーちゃん「わかるーちょーわかるー」

この子はもうJ弟君を何がなんでも捕まえて、Jママみたいに自由気ままに生きるのが一番良いと思います。

私「仕事しないでのんびり暮らしたいなぁ」
ボーちゃん「私も勉強しないでのんびり暮らしたいよ」

確実に私に似てきてます。駄目世界にようこそ。

うーん


リビングでつば九朗の動画をYOUTUBEで流してたら

ボーちゃん「こいつ、サキみたい」
娘「ひゃっひゃっひゃ(w」
ボーママ「あー(w」

とんだ罵倒ですよ。

私「バズーカなんて持って無いし」
ボーちゃん「ハンマーで叩くし」
私「滅茶苦茶人聞き悪いなぁ」

ピコピコハンマーは健在です。

つば九朗、確かに好きですけどね。

ボーちゃん「こいつのヌイグルミ欲しいかも」
娘「よりによってつば九朗とかって(w」
ボーママ「あー・・・じゃあ、次の国語のテストで90点以上取ったら買ってあげる」
私「即物的教育やねぇ」
ボーママ「まぁたまには良いかなって」

という訳で、ボーちゃん一生懸命国語の教科書とドリルとにらめっこしてます。
小学生の国語なんて暗記と慣れの問題っぽいから頑張って欲しいもんです。

つば九朗効果と考えればスゲーなーって。
でも、フォルムはまぁ可愛いかも。

ボーちゃん、謎な遊び

最近ボーちゃんのマイブーム。急にしがみついてくる、です。

私の場合

机の下にいつの間にか忍び込んでて急に足にしがみつかれます。
私「わっ! ボーちゃん・・・・・・頼むから無言でしがみつくのやめて」
ボーちゃん「しがみつくね」
私「出来ればしがみつく前に言ってね?」
ボーちゃん「わがままだね」
私「うーん・・・君に言われると色々考えちゃうよ」


娘の場合

後ろからタックルするようにしがみつきます。
娘「うぉっ!?」
サッと避ける。
ボーちゃん「なんで・・・・よけるの?」
娘「敵襲だと思って」
お前は何と戦ってんだ。


ボーママの場合

ボーちゃん「あ」
ボーママ「捕まえた」
後ろからしがみつこうとした瞬間に振り返られ正面からキャッチ。


J君の場合

ボーちゃん「お兄ちゃん」
バッと手を広げる。
J君「はいはい」
抱き上げるJ君。
娘「え、なんで私には突っ込んでくんの?」
だよね。


なんか学校でボーちゃんが流行らせてるらしいです。
それ、流行ってるっていうのでしょうか。
相変わらず謎です。

ボーちゃん、円周率を唱える

たまに居ますよね。

娘「ボーちゃん、数字だけは強いんだから円周率覚えたら?」

と冗談で言ったら覚えると言い出して円周率のサイトを3時間ほどずっと眺めてました。

ボーちゃん「飽きた」
私「そらそうだ。覚えたの?」
ボーちゃん「多分」

で、実践して貰いました。

ボーちゃん「疲れた」
私「・・・・・・・え、何桁?」
娘「ちょっと待って、ここまで合ってるんだよ」

で、娘が数えたら、1000桁は行ってるようです。
疲れて言うの止めただけでまだまだいけそうです。

ボーちゃん「頭の中、数字で一杯でもうやだ」
私「でも、これで特技の欄で円周率って書けるよ」
ボーちゃん「何の意味あるの?」

本人が核心突いちゃったよ。

娘「電話番号とか余裕で覚えてるもんなぁ、こいつ」
私「それならタウンページでも読ませりゃ良かったのに」
ボーちゃん「名前と一緒だと覚えられないよ」

ピーキー過ぎる!

私「あー・・・・・うーん」
娘「超無駄な才能だな!お母さんの暗算みたいに!(笑」
ボーちゃん「電卓で計算すれば良いよね」

うん。でも、君の円周率はもっと使い道ないよ。

私「あんた達って、普通じゃないよね」
娘「むしろお母さんが普通なところをあげてみて欲しいんだけど?」

目鼻口がちゃんとありますけど?

ボーちゃん「サキが一番変だと思うよ」

少なくとも私はボーママボーちゃんみたいに霊感みたいなのないし、娘みたいに強靭な肉体もないです。
絶対に私が家族で一番普通で一般人だろ、と呆れて物が言えませんでした。

変人に変人って言われるとちょっとどうかと思うんですよね。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。