サキの先の先 家庭内暴力&虐待日記

私(独身&省エネ体型)と娘(元姪)+幼女ボーちゃんによる家庭内暴力&虐待日記(母受け・娘&幼女責め)。

リアル生き地獄タイム始めますよ

ボーママとボーちゃんが電話で話してたら心配MAXなボーちゃん過呼吸で倒れてしまい満身創痍なのにボーママが無断かつ根性で病院抜け出す騒動が。

ボーちゃんのそばには娘もJ家のお手伝いさんもいたので大丈夫でしたが。

娘がJパパに「お願いだからやっつけて」と言いJパパは「社会的に全員抹殺するから任せておいて。死ぬまで絶対逃がさないから」とキレッキレだったと怒られながら病院に帰ってきたボーママに聞きました。

J君から「サキさんほどほどにって落ち着かせてくれない?パパ怒ると止まらなくなってずっとそのままだから一番怖いんだよ」とメール来ましたが「だが断る(ドドドドド」と返信しました。

J君だけが冷静という状況で損な子です。

ある意味夫と不倫相手を傷付けたかった襲撃者にしてみればラッキーですね。Jパパが逃がす気一切なくて既に関係者ほぼ全員の実家まで把握してるそうですから。

「ボーちゃんの過呼吸を加味して生きる希望さえ持てないくらいの焼け野原希望します」とラインしたら

Jママ「ヌルい。一族郎党連帯責任」

Jパパ「こんなの許したら義父に殺される。むしろ地形さえ残さない」

なんだかんだでこいつら夫婦なんだなぁと初めて思いました。

不倫ペアはともかくなんか襲撃者が可哀想になってきてます。

反省の色が有るようならほどほどにしてあげたい気持ちにもなっててボーママとも明日相談予定。

可哀想なのも有りますが実際に行動に出る基地外、じゃなく精神衰弱者は理屈は通じない可能性有りますし逆恨みが怖いのでむしろ第三者入れてバレないようにこの基地外を支援して不倫ペアをどこまでも追い詰めるのをJパパに提案したいと思います。

新たな人生を全員歩めないようにつぶし合って貰えるなるなら多少の散財も良いでしょう。

我がパートナーの怪我とボーちゃんの過呼吸と娘や仲間の心配は例え10億貰っても足りません。

スポンサーサイト

図書室で

図書室で本選んでたらオタクっぽい男に声掛けられキモイと思いつつ出入り口塞がれてたので相手してたら年齢の話になり正直に言ったら「ロリババアじゃん!」とか言われた
別にロリでもババアでもどうでも良いけど怖かったので看護士に話して転院相談中。
いくらなんでももうアラサーなんで何歳に見られてもどうでもいいんだけどもっと貫禄が欲しい。ガチで変なの寄ってくるのが本当に嫌

急遽居候

娘とボーちゃん、そしてボーママはJ君の家に居候してました。

事の起こりは5日前。
娘とボーちゃんが二人でショッピングモールを歩いていると
芸能プロダクションの営業とやらが声を掛けてきたそうです。

娘は過去にもスカウトから声を掛けられた事はあり危ない可能性が
有ると思ってるので瞬殺で断りボーちゃんは無視したそうです。
二人ともそれでその話は終わったと思い忘れてました。

翌日、仕事帰りのボーママと三人で夕飯は外食に、となってJママ関係の中華料理屋、
元ボーママのパート先に向かうとまたそのスカウトに声を掛けられ断ってもしつこく付いて
来ようとするのでお店の人に助けて貰ったとのこと。

で、昨日。
マンションの前で待ち構えていたその男に気付いたボーちゃんは接触前に守衛室に駆け込み助けて貰いました。

あまりにもしつこいし怪しいということでJ君の家に三人で身を寄せさせてもらうことになったのです。

Jママ「J!娘ちゃんとボーちゃんのこと、毎朝学校に送っていきなさい!
娘ちゃん、ボーちゃん、帰りは私が迎えに行くね!」
ボーママ「警察に言いましょう」
Jママ「私に任せるね!」

というやり取りがあったらしい。

で、今日。

Jママ「大丈夫ですよ!あとちょっとの辛抱です!」
私「ほんと?大丈夫?」
Jママ「その男、別件逮捕されるようにしたね!
逆恨みもされないようにちゃんとしたよ!」

・・・・・・・さ、れ、る、よ、う、に、し、た?

私「犯罪を捏造したってことか?(引」
Jママ「作り話はしてません。悪い事もしてましたけど
悪人というか変人でした。
会社もクビになるでしょうし出所してもしばらくは
調査しますから大丈夫ですよ!」

ボーママ「根は悪い人じゃないと思いますけどね。
本当にスカウトだったみたいですが必死過ぎで
迷惑だっただけで」

まぁ・・・うん、安全なら良いよ。

私「一応引っ越しとく?」
ボーママ「お任せしますけど、それには私達も一緒で良いですか?」
当たり前だ。
Jママ「あそこ、守衛居ますし回りは夜も明るいのであそこが良い気がしますねぇ。
交番も近いですし」

そうなのです。治安というか環境が良い場所なんですよねぇ。
学校も表通りを歩けば人目が有る位置ですし。
引っ越したい訳じゃないので一先ず保留。

Jママ「娘ちゃんもボーちゃんも可愛いから変な大人には気をつけなきゃね!」
ボーちゃん「Jママは変な大人だから気をつけなきゃね」
娘「違うよ。Jママは子供な大人なんだよ」
J君「違うよ。変な子供なんだよ」

Jママ「息子が反抗期です」
私「いや、お前の息子でよくあれだけ真っ直ぐ育ったなって思うわ」
ボーママ「あの発想は絶対サキさんの影響ですよね」
私「いやぁ、あいつの親父も相当なもんよ?」

まぁ平和になるなら何でもいいけど。

飛び入り授業参観

昨日は娘達の授業参観だったので病院に外出届出してタクシーで学校に突撃!
片道3万円かかったよ!

娘「お母さん!?何で!?」

娘、授業中やで?
注目されるの嫌なんだけどもうこの学校では慣れました。
イベントごとに悪目立ちしてるんで。
シーッと指を立て授業に戻らせました。

男子A「サキだ」
男子B「サキ、久々!」
男子C「サキ、ゲーム貸して!」

娘と仲の良い?らしい男子は先生に怒られてました。
慣れなれしいにも程があるガキどもです。

午前授業で懇親会には担任にことわり入れて不参加で。
役員にはしないでね?私、すでに結構やってるからね?守ってね?
と娘の親友のお母さんに念押し。

ボーママは一旦学校に置いて娘とボーちゃんと近所の寿司屋で待つことに。
JママとJ君も来てボーママ来るまでお茶にして合流したところで注文しました。
その寿司屋では常連のお得意様ですからね、許してくれます。
ファミレス行こうと思ったら何か既に沢山同じ考えの親子が居たので退却。

娘「ひらめ!エンガワ!赤貝!うに!」
ボーちゃん「あのね!卵焼き!茶碗蒸し!きゅうりのと紫の(漬物?)奴!納豆!」
私「八海山、表面張力で」
Jママ「お姉ちゃん、薬飲んでるならお酒駄目じゃない?」
私「今日は飲まずに来たから!」
ボーママ「・・・・・(常識的に)程ほどにしてくださいよ?」
私「(私基準)程ほどに飲むよ!」

大将も私が酒ばかりの人なのは知ってるので
「減った分おまけして勘定するから自分で注いで(苦笑」
と新しい一升瓶置いてかれました。
「むしろ余ったら持って帰るから一本で勘定しちゃってください」
と言ったら笑われましたがお互いその方が楽なので一本買いとなりました。
良いね、一々言わなくて良いのはらくだ。

J君「ウニ、いくら、タマゴ」
Jママ「あんた卵好きねぇ」
J君「多分コレステロールが好きなんだと思う」
ボーちゃん「いくら!?あたしも!」
J君「とびっこも頼んだら?粒粒の奴」
ボーちゃん「粋だね!」

お茶吹いたわ。どこで覚えたと。
久々にみんなでご飯食べた気がしてそこそこ楽しかったです。

入院中

入院カテゴリーが度々使われるという。
コメント返信はすみません後日で。
なんか毎日検査検査。
毎日鉄板の上で焼かれてるたいやきくんな気分です。
ほぼ泳げませんけどね。

娘が不機嫌らしいですがボーママがフォローしてくれてるようで安心。
自棄食いしてるそうです。
ボーちゃんは一時間に一回くらい電話寄越すのでうざかったのでメールにしろと言ったらすぐにマスターしたようです。
漢字の誤用は有るものの変換駆使してるからか普段より真面目に見えるという不思議。

病院なのでお酒の持ち込み禁止と言われ「じゃあ何飲めば良いのさ」とやさぐれてたら野菜ジュースとか乳酸菌飲料とか沢山飲めとか言われてふぇえええって感じです。
あれ私結石持ちよ?と言ったらじゃあ水かお茶でも飲んでろと。
太れと言われてジュースを勧められ結石と言えばじゃあ水飲めと。
何このダブルスタンダード。

最終的な医者の判断はまだですが
医者「あんたは人生考え直すレベルだわ」
私「はぁ(人生全否定かよこの婆)」
医者「あんたが太らないのは運動不足による筋力不足、毛細血管が休止してる、睡眠不足、遺伝、栄養不足や偏り、骨格の歪みとか、考えられる要素のほとんどが該当すると思うのよ。特定の疾患は結石ちょっと残ってるくらいだし健康と言えないこともないけどあらゆる検査数値が普通よりかけ離れてるから近づける努力をしてみようか」
私「はぁ(ダブル役満どころじゃねぇな)」
医者「取りあえず毎食全部食べて、リハビリ室で運動しなさい」
私「ふぇ!?」
医者「メニューはこっちで作るから言われたとおりにやるように」

という訳で、朝晩にウォーキング30分、水入ったプラスチックのダンベル?で筋トレさせられてます。何この脳味噌筋肉な医者。お前はもっと痩せろと言いたくなるワガママボディのくせして。

医者「調子どう?」
私「全身筋肉痛です」
医者「・・・あの程度で?」
私「はぁ」
医者「貴女よく今まで生きてこれたわね?」
私「はぁ」

生きるのが向いてないですから。
伊達に人生の半分以上を自室で過ごしてませんよ。
最近は会社通勤してましたけど。

という感じです。ふふふ。
会社の事務員と営業が6人お見舞いに来ましたが酒持ってこなかったのでボーナス査定マイナスと言ったら慌てて買って来ようとしてて笑った。次回で良いよ!と。

タバコを吸おうと喫煙所に行ったら看護師に見つかり
看護師「タバコは食欲抑制しちゃうから駄目です。」
と取り上げられました。
暇じゃ何すりゃ良いんだと言ったら図書室行けば?と言われそんなの有るんだと行ってみたら岩波書店がずらーーーっと並んでて笑った。
新渡戸稻造読んでみたら意外と面白い。英語版は読んでましたけど和訳は読んでませんでした。

変なお爺ちゃんに「お嬢ちゃん渋いの読んでるねぇ」と話しかけられお勧めをいくつか押しつけられましたので読んでみます。

お爺ちゃん「学校休んでるんか?」
私「いや社会人っす」
お爺ちゃん「あぁ?何歳なの?」
私「大体三十路っす」
お爺ちゃん「はぁ?俺の孫より年食ってんのかい。お嬢ちゃんじゃねぇなぁ」

三十路はお嬢ちゃんじゃないらしいですよ、みのもんたさん。
別に良いけどね。
読書は読書で良いんですけど仰向けだと腕が疲れるしうつ伏せだと肩が凝るし涅槃スタイルだと内蔵が重力に負けて胃苦しいので悩みところです。
なんか落ち着かないですわ。

次のページ

FC2Ad