FC2ブログ

サキの先の先 なんか変な家族

私(独身&省エネ体型)と娘(元姪)+ 女子中学生ボーちゃん + ボーちゃんママ の親育て日記

おすすめ



我が家のアマゾン購入履歴を紹介。

何故なら、あと30円で500円に到達するからです!
みみっちいとか言われますが、ポイントって溜めるとなんか強くなった感じしません?
Tポイントとかナナコポイントとか溜めるの好き。


こまごまともっと有るんですけどね。
それぞれでおすすめっぽいものを抜き出しました。





Didn't I Say To Make My Abilities Average In The Next Life?! Light Novel Vol. 7 (English Edition)

ラノベですね。日本語タイトルだと
「私、能力は平均値でって言ったよね!」です。

英語勉強してる人には、取っ付き易いのでは。
私は結構好きです。


Monthly Girls' NOZAKI-KUN
月間少女野崎くん

この作者結構好きで、英語バージョンどうなるのかな?と思って買いましたが、シンプルな英語のツッコミとか楽しかったですよ。
割とおすすめ。


ボーママ



黒にんにく1㎏

ボーママ「サキ、これ毎日2欠片食べな」

と言われ、晩酌にそっと添えられています。
地味においしいです。なんか寝起きが良くなった気がするから不思議。
臭くないし、プルーンみたいな?
ボーちゃんも娘も夜食べてます。結構量有るから一月持ちます。
賞味期限も長い。スーパーとかで買うより全然安いのです。
結構お気に入り。


ボーちゃん




ボーちゃん、ビニールハウスの方ではネズミと戦っています。
結構取れるらしく、たまにボーちゃんがキーキー鳴くトラップをゴミ袋に入れてます。
そのまま捨てるんだ……とびっくりしました。まぁ下手に殺して何か媒介しても怖いですから良いんですけどね。





英単語の語源図鑑

娘「これ良いよ。語源知ってると、英文読んでる時に予測出来る」

だそうです。私も借りて読んでますが、確かに勉強になりました。

英検とかTOEICとかTOEFLやってる人にもおすすめ出来ますね。


しかしこれからの子供とか、転職・起業する人にとって英語は必須ですね。
ウチの会社でも海外輸出用とかここしばらく増加傾向に在ります。

私「印刷物はせめてスペルチェック位出来るようにしとけよー」

と従業員によく言ってます。
大抵、その手の最終チェックは私がやってますが、本来なら外注か専門の人を雇いたいとこです。
ただ、コストがね……私は割りと表示関係慣れてるから良いですけど私が休んでる時にそれが来ると進行止まるので何とかしなくちゃいけません。


これからの時代、本当に勉強しつづけなきゃ置いて行かれるんだなぁと最近よく思うのです。


スポンサーサイト

株価がーーー!

下がってくれてて助かってます。

逆張り大好きなんですよね。日本経済、バルス!

まぁ1割冗談はともかく。

新入社員を今年は6名取ったんですよ。
男4人、女2人。

男は大卒、女は高卒です。
で、この6人、仲が良いんですわ。

もうね、うぇーい、と。
で、あんまりにもあんまりな状況が続いたので、久々にキレました。

いや、別に感情的になったんじゃなくて、そろそろ締めてやっかなーって。


私「あのなぁ……もう学生じゃねぇんだぞ?」

営業課長「あ、いえ、専務、彼らはまだ」

新入社員「……」<オドオドした表情

私「あ、いえ、じゃねぇええええええ!まだじゃねぇええええええええええ!仕事舐めてんのかゴルァアアアアアアアアアアアアア!」

ガンガンガンッガコーーーーーーン!

ゴミ箱を蹴飛ばす。

私「あんたの教育が悪いんだろうが!ちゃんと!掃除から教えてやれ!業務時間外にやれなんて言わねえからさぁ!」

部長「す、すみません……ほら、ちょっとみんな来て」


外側倉庫のトイレ・倉庫掃除から教えに行って貰いました。打合せ通りに。

基本、私が管理職を怒る人、課長が部下のために怒られる人、という図式です。
そして、一年も働くと、私が怒る時は大抵『ビビらせるため』だとバレる。
ただ、バレる頃には当社の社風に染まってるので問題ない。

私が新入社員を直接怒ることは殆どありませんでしたしね。

後日。

係長「専務、新人からマジこえぇって言われてましたよw」

私「わたちこんなにかわいいのにー」

係長「……」

私「笑えよ」

係長「いやー、面白いと思いますよ?」

褒めてないよね。

新人A「ぅ、専務おはようございます!」

私「おー。おはよー。今、うって言った?」

新人B「ぅわ、おはようございますっ」

私「……おはよー」

新人C「(ごくり)……おはようございます!」




…………度胸ねぇなぁ……大丈夫かこいつら

と思いましたが、

部長「いや、専務が本気で怒ると私でもかなり怖いですが」

お前が怒らせるからだ。

課長「あはは」

あははじゃねーよハゲ

係長「可愛いとは思いますよ?サイズ的に」

セクハラで訴えっぞ。


とりあえず、ここ2週間くらいは真面目に働いてるようです。
アフターファイブまで干渉するつもりないんですが、

新人女A「専務、卓球いきません卓球!」

新人女B「8時に〇〇に集合なんですよ!」

引きつる新人男達。

私「行かないよ。私を殺す気か。死ぬほど体力ないんだからさ」

新人女A「大丈夫ですよ、専務なら男子がサーブする時に怒鳴れば勝てます!」

私「プライベートの時間まで怒鳴りたくない。っていうか娘にいつも怒られてんだから静かに過ごしたいねん」

新人女B「娘さん居るんですか!?え、何歳なんですか!?」

もう恒例行事になってますが、この女の子たち、これはこれで大丈夫なんだろうか、と心配になるのですわ。


近況報告



お久しぶりです。
もはや季節号ですら無くなったブログの主、サキです。

近況を申し上げますと、

1 A子、懐妊。

私「酒タバコはあかんでー?」

A子「酒は我慢、タバコはVAPEで我慢してるよ」

私「しかしお前太ったな!」

A子「うるせーーーー!うるせーーーーーーー!」

おめでとう。


2 娘、希望校合格

私「心配はしてなかったけど」

娘「まー問題は無かったね」

私「あんなお嬢様高校でお前大丈夫なのか?野猿のくせに」

娘「野猿じゃないし。大丈夫、良い感じにやるよ」

不安が残りますわ。お嬢様相手に飛び蹴りとかしないかとか。

私「高校は暴力沙汰は一発退場だからな?」

娘「中学でもやってないじゃん!」

いや、小学生時代、結構やってたよね?


3 ボーママ、TOEIC猛勉強中

娘の高校受験は余裕だったので家族でTOEICを受けてみました。
私も読む聴くは多少自信が有ったのでいっちょやってみるか、と。

娘 945点 
流石受験生。そして毎朝YOUTUBEで英語圏のニュース見てるだけはある。
毎日毎日できればそりゃ身につくわ。
テスト1週間前は結構猛勉強してたし。
にしても私と娘のスペックの差を感じました。

ボーちゃん 620点
大学新卒学生平均より高い。中学生にしては凄いと言って良いのでは。
英語と中国語は結構出来る子です。
海外のチェスとかガーデニング番組とかよく見てるので好きこそものの、でしょうね。

私 815点
凡人の域を出れない私。
試験前3週間、毎日2時間近く勉強してたのだけどここらが限界。
これ以上勉強しても伸びる気がしないしする気になれない。
昔から英語には慣れてる方だと思うので妥当なラインだと思いますけど。

ボーママ 410点

まぁ・・・社会人とは言え主婦業もこなし英語に関わらない人生だったのだから妥当なところでしょう。
明らかに労働時間が私より長いですし私は昔から英語サイトは読んでましたからね。
慣れの問題です。


ボーママ「・・・・・低いよね」

娘「十分じゃないの。高校生くらいでしょ」

これから高校生になる娘にダブルスコア以上を付けられて尚且つ慰められるとか結構きつい気が。

私「私の戦闘力は810点です。ホッホッホ。私の半分は行ってるんですから凄いじゃありませんか!」

だが勝利は勝利。勝ち誇って置く私。

ボーちゃん「・・・・・・・・・ふっ(冷笑」

ボーママ「・・・・・・・次で勝つから」

目に蒼い炎が宿った気が。

それからボーママはずっと英語を聞き続け、暇さえあれば単語帳を開き、二日に一回は模試をやってるみたいです。
この走り出したら止まらない感はマジで怖いからやめてほしい。

煽ったのは私だけど私の煽りだけじゃ乗らない人なので間違いなくボーちゃんのせいです。

ボーママ「せめて娘(ボーちゃん)には勝たなきゃ」

天才肌に勝ちに行くとか。ボーママも相当だけど、ボーちゃんのポテンシャルなめちゃあかん。

ただ、まぁ、ボーちゃんも今月受ける事になってますが、一度勝つと舐めプする子なので勝てるかもしれません。

私「親だって子供に負けを認めるのは大事なことだぞー」

ボーママ「調子に乗ってるあの子を放置出来ないから。娘ちゃんは意識高いから勝手に前に進むけどあの子は自分の好きなことしかやろうとしないし舐められたら言う事聞かなくなります」

私「舐められたら私がガツンと言ってやるよ」

ボーママ「サキは娘に甘いから駄目」

まぁ、基本的に放任主義だからなぁ。

ただ、ボーママが猛勉強してる時、マジで怖いです。こういう気合が意外とボーママの武器なのかも。
自分の娘に対してしか発揮してないと思うけど。


まぁそんな感じで過ごしてました。
そして花粉症がキツイくらいですかね。

ではでは。

忙しくてお久しぶりに

どーも
なんとか生きてますサキです。

なんやかんやで忙しくて。
北は北海道、南は台湾まで飛びまくってました。

娘も相変わらずで、毎日深夜までルームランナーの上で走りながら勉強しています。

・・・・ルームランナーで走りながらタブレット駆使して勉強してますよ。
勉学の方は余裕らしく、全国模試でもちょっと怖いレベルの成績でした。

私「・・・あんた、何目指してんの?」
娘「とりま資格とか20個くらい取ってみるかなって」

危険物取扱者乙って。

私「あんた中学生じゃん」
娘「受験資格が特に無いんだよね」
ボーママ「資格マニアにでもなるの?(笑」
娘「まー、とりあえず?飽きたら止めるし」
ボーちゃん「パソコン系取ったら?お姉ちゃんパソコン使えなさすぎだもん」
娘「ムリ!」

アナログ脳みそ筋肉ウーマンです。

娘「そういうのは外注にするから良いの。お母さんみたいに」
私「言っておくが、私はJAVAもHTMLもVBAもPHPもCSSもそこそこ使えるぞ?
だいぶ昔だけど企業ホームページ作ってたからな?
イラストレーターもCADも一応操作は困らないぞ?センスも画力もないけど。
あとコピーライターとゴーストライターもやってたからな?」
娘「適材適所!」

まぁ良いけどね。こいつはコミュ力の塊だから働くにしても色々そっち方面で学べば良いでしょうし。

ボーちゃん「サキ、見せて見せて!」

と大昔に作ったデータが残ってたのでボーちゃんに見せたらなんか興味が湧いたらしく環境インストールしはじめました。

私「もう結構忘れたから聞かないでね?」
ボーちゃん「大丈夫。あのね、アプリ作りたいの」
私「どんなの?」
ボーちゃん「植物園管理アプリ」

言語がどうとかじゃなく、既存のアプリだと満足出来ないようで完璧に手段です。
まぁそれはそれで正しい気がするし、こいつのこったから人外の集中力でそんなに時間掛からないだろうなぁと思ってたら半月で作りました。初心者からなのに大したものです。

こいつの庭、もうなんか凄いことになってて。
柵から食み出てプランター置いて庭を侵食し始めたのでストップを掛けたところ、Jママから

Jママ「こっち使って良いよ~」

とJ家の敷地内にビニールハウス建てて貰いやがりました。馬鹿じゃねーのこいつら。

Jママに言わせると、J弟君の子守代みたいなもんだ、と。なんか農家の庭先みたいになってます。

気付けばすいかが10玉以上出来てて八百屋に卸す、という。
一個はグレンが丸々食べてました。でもこいつ、きゅうりの方が好きみたいです。

ボーママはボーママで、最近は焼き浸しブームらしく、よくボーちゃんの作った野菜で焼き浸し作ってます。
酒の肴に丁度良い感じで美味しいです。


という感じの我が家でした。

でかくなったなぁ


娘、もう今年で中学三年生受験生ですよ。
そしてボーちゃんも中学一年生。
J君、高校二年生。

時の流れ速すぎ。

私「君はあんまり変わらないなぁ」
ボーちゃん「変わらない良さがあるんだよ」

どこの老舗だ。

私「なんか人間4割、宇宙人7割って感じだよね」
娘「1割多くね?(w」
私「なんか電波でてるし」
娘「あー(w」
ボーちゃん「あーって」

ボーちゃん、本当に変わりません。
学年一小さいらしい。
150cm無い上に痩せ気味なんで小学生にしか見えないという。
それでも私よりは大きいんですけどね。

一方娘は娘、成長しまくりです。

私「娘、そろそろ身長止めたら如何だろうか」
娘「だよねぇ」
私「お前はたけのこか」
娘「いや、マジで、このまま伸びたらどうしようかと不安なんだけど」

身長、168cm到達!でけぇよ!

ボーちゃん「ちょっと分けて。10cmくらい」
私「あ、私にも10cmくらい頂戴」
娘「ちっこい方が良いって絶対。ちっこい方が可愛いよ」
ボーママ「なんかアクション映画の主人公みたい。格好良いとおもうけど」
娘「格好良さは求めてないんだよー」

まぁいい加減止まると思いますけどね。
娘の父親である兄は身長高かったですが母親は普通と言えば普通の範囲でしたし。
娘は胸が順調に育って、もうなんか凄いです。
腹筋割れてるくせに制服着ると太って見えるレベル(w
私とボーちゃん、娘のブラを並んで頭に被って写メ撮ったらガチ切れされたのは良い思い出。昨夜のことですけど。

私「まぁ大丈夫だろ。ちょっと伸びても170ちょいちょい程度だろうし、女の子の方が早く身長伸びるの止まる気がしたし。
Jは身長高いから釣り合い取れるって」
ボーママ「J君、高校生に見えないよねぇ。プロスポーツ選手にしか見えない。バスケとか野球とか」
私「圧迫感すげぇよね」

奴は奴で既に180cm越えてやがります。マジで圧迫感が。父親なんてすでに超えてますからね。
なんかむかついて座ってるJの頭を叩いたら背中から高い高いされて怖かったのでもう叩きません。

娘「あいつはどこに向かってるのか解らん」
私「お前がマッチョ好きって言って誘導したんやんけ!」
娘「そだっけ?」
ボーちゃん「・・・お姉ちゃん、酷いよ」

ボーちゃんにつっこまれるレベルで酷かったです。

私「ボーちゃんももう中学生になるんだけど、部活どうすんの?」
ボーちゃん「園芸部に入る」
娘「え、無いよ?」

ボーちゃん、顔が一瞬で絶望に変わって焦った。
こんな顔、久々に見たw

私「近所に畑でも借りる?」
ボーちゃん「・・・いいよ。家でやるよ。J弟の世話もあるし」
娘「部活動って強制だぞ?」
ボーちゃん「チッ」
ボーママ「こら」
娘「文化部は週一回だからオススメ。文芸部とか本読んであと文集?だか文化祭で作るだけだから良いんじゃね?
書道部は楽だけどお前は恥書くだけだと思う」
ボーちゃん「あたしの芸術的センスをお姉ちゃん知らないね?」
娘「・・・・・・お前滅茶苦茶、字、汚いぞ?」

お前もな。

私「文化部入るような友達居ないの?どうせなら友達と一緒に入ったら良いんじゃない」
ボーちゃん「そーする」

ホッとしました。何か間違えて運動部なんて入ったらボーママも私も休日駆り出されそうですし。
まぁ娘と違ってボーちゃんには運動性能皆無ですから大丈夫だとは思ってましたが。

私「ちなみに娘、進路どうするの?」
娘「お母さんがお母さんらしいこと言った!」

一応お母さんらしいので(苦笑

私「いい加減大体は決めた方が良いんじゃね?私立でもえーよ?お金は大丈夫だから」
娘「あー、うーん、ちょっと考えてる。○○○ってとこ」

キリスト教系だっけか。割りと近くにあるんですよね。
お嬢様っちゃーお嬢様学校だった気がするので、不良とかギャルっぽいのとかまず居ないと思う。
我が家は特殊なので内申点とかが心配ですけど成績は上位に入ってるし。

私「女子高で良いの?」
娘「いや、まだ決めてないけど」
ボーママ「娘ちゃん、絶対女子高行ったらモテるよ」
娘「今もモテてますけどね!女子が殆どですけどね!」

娘、昔から女子にモテモテですからねぇ。

ちなみにJ君は前から女子高推しでした。自分と同じ高校じゃなくて良いの?と聞いたら

J君「一年しか一緒に居られないのに二年残るのはリスクが高すぎる!」

とのこと。
こいつ、マジでこういうとこが気持ち悪いです。
無いとは思うけど、娘が浮気とかしたら殺されるんじゃないかと。
両親の悪いとこ、がっつり引き継いでる気がします。

私「ボーちゃんは?」
ボーちゃん「うーん・・・・・・なんか、てきとーにいい感じで」
私「まぁ、まだこれから中学だもんなぁ」
ボーちゃん「やっといて」

人任せかー。私の後継者の素質あるよ。ぐーたら教の教祖はボーちゃんだな。

ボーママ「勉強で、上位30には入らなきゃ駄目だよ?」

ボーママは教育ママではないものの、ボーちゃんなら入れそうかなぁ。
苦手科目さえなんとか出来れば、多分。

娘「30とか、甘くない?」
私「あんた、自分基準にするなよ」
ボーちゃん「・・・・・・・・・・・・・・めんど」

ボーちゃんって、一番変わらないなぁ。

私「二人とも、最低限、高校行って、大学か短大、もしくは専門学校は卒業しなよ。あと好きにして良いから」

世の中、学歴と資格の社会です。
勿論他の能力も大事なんでしょうけど、これが有ると無いとではスタート地点が変わります。

娘「おー」
ボーちゃん「長いなぁ」
ボーママ「行っておくと後が楽になると思うよ。学生時代より社会人の方が長いんだからそっちで楽した方が良いよ」

ボーママの嘘つき。でも、楽にはならないと思うけど、余裕は生まれると思う。

しかし、子供の成長って早いなぁ。
次のページ

FC2Ad