サキの先の先 家庭内暴力&虐待日記

私(独身&省エネ体型)と娘(元姪)+幼女ボーちゃんによる家庭内暴力&虐待日記(母受け・娘&幼女責め)。

凄いなコイツら


娘、ただ焼肉屋で肉食ってるだけで広告モデルのお願いをされるの巻。

娘「私はやっても構わんのだけど学校的にどうなんかな?」
私「大丈夫じゃない。親としては肉女って称号が欲しければとめないけど」
娘「えー」

凄まじく良い笑顔で肉食うからなぁこいつ。

ボーママ「変なファン付くから止めた方が良いよ」
娘「じゃ止める」
ボーちゃん「理解できないよ」
娘「何が?」
ボーちゃん「肉が美味しいとかって」<ひたすら野菜を焼いて食べる。辛味抜き冷麺は好き
私「草食動物に肉食動物の気持ちは解らんだろ」
ボーママ「あー(w」
娘「あーって。ボーちゃんは肉食べなさ過ぎだよ」
ボーちゃん「お姉ちゃんはご飯食べなさ過ぎだよ」
ボーママ「どっちもどっち」
私「娘、野菜は結構大量に食べるからまだ大丈夫なんだろうけどね。普通なら太るんじゃない?」

娘、相変わらず炭水化物は必要最低限です。野菜は結構食べるんです。
今はボーちゃんの酢漬けに嵌ってます。

娘「ボーちゃんのキュウリの酢漬け滅茶苦茶美味いからね」
ボーちゃん「まかせなさい」
ボーママ「スペースが悩みだよ」

キュウリが豊作で今は毎日ひたすら酢漬けされています。調味料と巣の大瓶に洗ったキュウリを切りながら突っ込んでいくという乱雑さ。
更に冬に植えてた大根とカブ、白菜も非常に大きく育ってしまったのでボーママがひたすら漬物にしたらかなりの量になってしまい、消費しきれず。

私「素直に近所に生のまま配ったらよかったのに」
ボーママ「当時はなんか使命感を感じてしまって。今度からそうするよ」
娘「きゅうりの酢漬けならいくらでも食べられるよ」
ボーちゃん「なんかネットで調べたのより凄くいっぱい生るんだよね」
私「ボーちゃんの愛情たっぷりだからなぁ」

今のところ、自家菜園もJ家の花壇も全く枯らしてないボーちゃん。

ボーちゃん「あ。メロン植えよう」
私「既にスイカ植えてんじゃん。また増やすの?」

スイカはなんか勝手に生える気がする。キュウリがやばいことになってるし。

ボーちゃん「スイカはスイカだし。メロンはママ好きでしょ?」
ボーママ「え、うん。育ててくれるの?」
ボーちゃん「いっつもタダ働きじゃ悪いからね」

こいつ本当に面白いなぁ。ボーママが喜んでるのでよかったです。
母親とは言え何気に畑で取れた野菜の処理に苦慮してるのはボーママだから。

私「ボーちゃん、私のお酒はいつ作ってくれるんだい?」
ボーちゃん「なんかねー。作ったらおまわりさんに捕まるらしいよ?」

調べたか。ちっ。まぁ流石に子供の作る発酵食品とか怖くて手が出ませんけど。

ボーママ「私は知っている。サキが密造してること」
私「あれ失敗したから。なんか変なにおいしたから捨てた。多分アルコールになる前に腐ったんだと思う」

ブドウジュースでやろうとしたんですけどね。果汁30%とかじゃダメなのかな。
倉庫でこっそりやってたんですけど環境もよくなかったかも。寒すぎたかな。
でも思ったんですけど、砂糖と水、とかで作らない限り基本的に高上がりな気がします。
そして砂糖と水で作るような無味なアルコールならそもそも大五朗とか買えば良いんじゃない、と。
もうやりません。犯罪だし。失敗したから未遂未遂。セーフセーフ。

ボーちゃん「メロンは結構難しいんだよ」

するっとこんな言葉が出てくる時点でなんかもう農家だよなぁ。
小学生っぽくないけど庭で好きにやる分には構いません。

正直種とか苗とか肥料とか考えると野菜なり果物そのもの買った方が楽で安い気がしますけどボーちゃんの数少ない健康的な趣味ですからね。
適当に応援したいと思います。
スポンサーサイト

バ、バイク


バイク中古車サイト見てました。

ボーママ「サキ・・・そんなに欲しいの?」
私「欲すぃ」
ボーママ「危ないよ?」
私「大丈夫」
ボーママ「買うの?」
私「うーん?うーん。うん?うんー?」
ボーママ「どっち(笑」
私「50ccなら乗れる気がするけどね」
ボーママ「確かJママ、持ってたよ?」
私「スクーターじゃん」
ボーママ「違うの?」
私「ちゃうわー。ジムとガンキャノンくらい違う」
ボーママ「ガンダムで例えるの止めてよ」
私「これ格好良いなぁって。ヤマハYB-1
ボーママ「仮面ライダー?」
私「昭和の仮面ライダーだったらスズキ党だけどね」
ボーママ「で、買うの?」
私「うーん」
ボーママ「辞めた方が良いんじゃない?」
私「実は週末、届くんだよね。これじゃないけど。しかも2台」
ボーママ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はぁ?」

ボーママ、マジ切れの巻。相談もなく買ったのが気に障ったみたいです。

私「大丈夫大丈夫。免許無いし運転しないしそもそも二台とも走らない」
ボーママ「はぁ?」
私「取り敢えず、一台は分解したいんだよね。だからジャンク買った」
ボーママ「・・・そういえば、サキって前、ギター分解してたよね?」
私「あれは失敗した。あんなに繊細なもんだと思わなかった」

PRS(お高いです)が数十分で死亡。楽器屋で結構払って直してもらったのは良い思い出です。

ボーママ「サキって取り敢えず分解するよね。タブレットとかも」
私「タブレットはもともとお亡くなりになったのを分解しただけだよ。今回はぶっつけ本番でレストアしてみたいだけだから」

万が一直ったらちょっと庭で乗ってみるけど。
あ、ギターはその後、初心者ギター製作セット買って作ってみましたよ。ちゃんと成りました。酷い音でしたけど。

ボーママ「もう一台は?」
私「そっちは組み立てキット。1/1スケールの上手いこと作れば動くプラモデルっていうか玩具」
ボーママ「サキが組み立てるの?」
私「うん。でも怖いから本当に組み立てるだけでエンジンかけない」
ボーママ「・・・・ならいいけど、なんでそんなことすんの?」
私「達成感が欲しいのかなぁ」
ボーママ「違うことで達成感得たら?」
私「それ言うならボーママだって毎日のようにパン焼いてんじゃん。食べ切れてないしカラスにあげんなよ」
ボーママ「乗らないならいいよ。でも万が一ガソリンとか入れるなら安全なとこでやってね?」
私「パーツが中国製だからなぁ。組み立てても絶対に動かしたくない(笑」
ボーママ「ならなんで買うの(苦笑」
私「浪漫だってば」

一度組み立てたくなりません?
プラモデルならバイク何個か作ったことありますけど、1/1スケールとかって笑える。
ボーママが娘に告げ口したら娘は娘で

娘「お母さんって、なんでそんな馬鹿なの?絶対に危ないことしないでよ?」

と呆れられました。

私「日々の潤いって必要だと思うんだ」
娘「水でも飲んでれば」

酷い娘です。
取り敢えず、組み立てより先にジャンクなバイクが届いたら分解したいと思います!

バイク欲しくなってきた


私「バイク欲しい」
娘「死にたいの?」
ボーママ「死ぬね」
ボーちゃん「死ぬよ」
私「ですよねー」

運動神経の無さはおりがみ付きですので来世に期待したいと思います。

というのも、バイク漫画の『ばくおん!!』



は漫画もアニメも見てましたし面白かったんですけどその後に、他にどんな作品書いてるんだろ、と思い




を読んでみたんです。まぁ絵面からしてエロ系統だとは解ってはいたんですがベクトルが違う。
なんというか、エロというよりもアホ。

『この作者、気持ち悪いくらいにアホな変態だ!』

という。エロじゃないよこれ気持ち悪い部類のアホで変態なアホだよ、と。


なのでそこまでバイクに興味が湧かなかったんですけどね、当時は。
ですが、



を読んでみたら興味が湧いてしまい。あ、これバイクの解説がなじみない人には結構マニアックですけど面白いですよ。
お勧めです。絵見て思ったんですけど、昔この人のエロ漫画あった気がする。吸血鬼かなんかの奴。ストーリー漫画として面白かった。なんだっけぺかぺかだかぴかぴかだかって奴。アマゾンで売ってねぇし。

娘「飾っておくの?」
私「それももったいないだろうからなぁ。諦めるよ」
娘「その内3Dで臨場感たっぷりなのが出てくるよ」
私「あー。それな」

未来に期待します。

で、なんでこんな内容を書いているかというと。

娘「どしたの?」

近くのスーパーの駐車場に、一台の車が止まっていて思わず見てしまいました。

私「・・・・・・なかなか凄いね」
娘「痛車なんて珍しくもないんじゃない?」

そうだけどね、でもね。

『アルファロメオ(イタリア車)ってだけならまだしも、ばくおん!!のペイントで痛車』

ってどういう流れでそうなったんだろ、って。
なかなかのセンスだと思います。
イタリア車でバイク漫画キャラの痛車仕様。
是非、ランボルギーニあたりでやってみて欲しい。いくら掛かるだろ。

でもバイクって憧れるなぁ。
ハーレーでサイドカー付きだったら倒れないだろうから良いかな、とふと思いましたけど、どう考えてもそれ以前に免許が取れそうにないので諦めます。
倒れたバイク、絶対立たせられないもん。

A子の相手と晩餐会

ボーちゃん「A子の恋人?」
私「あれ?会った事なかったっけ?」
ボーちゃん「無い」

んー?あれー?

娘「私も無いよ」

あれ?

私「・・・時間作って貰おうか?」
娘「A子に釣りあわなかったらぶっとばす!」
ボーちゃん「グレンに噛ませれば良いよ」

という会話が有りまして、今日会いました。
たまたま買い物でお二人が出かける予定とのことだったので我が家に寄って夕飯をご馳走。

A子婚約者(以下A婚)「お招き有難う御座います」
私「いえいえ」
ボーママ「すみません、急に」
A子「いやいやいや、本当は私らが挨拶に来なきゃだったのにごめんね」
私「全くだ!この恩知らずが!」

A子&A婚、ギョッとするの巻。

娘「サキ!」

娘に呼び捨てされるの巻。

私「親呼び捨てにすんなよ」
ボーママ「そうだけどサキも悪い」
私「冗談だよ冗談。そのあたりのお礼とか、全部A子の両親から頂いてるから気にしないでね」
A子「いや、私は良いけどさぁ」

A子の親、私の保証人とか色々な恩人なのでお礼とか要らなかったんですけどね。事有るごとに肉とかお酒とかお菓子とか送ってくれます。別に気にしなくて良いのに。
すんごくA婚さんと相性が良かったようです。

A子母親『あの子と二人並んでる後ろ姿がね、素敵なのぉおお~~~~!』

とか、A子母親からの惚気な電話を何回も受けてました。
父親は父親で

A子父親『サキちゃんが付き合わなくて本当に良かったの?彼、凄く良い子だよ?』

とか言い出す始末でしたから。
A子父親は優しくて穏やかな人でA婚と通じるモノが確実に有りました。相性が最高な気がします。

私「A婚さんや、こんな年増で良かったのかい?」
A子「抉るのやめてよ!?」
ボーママ「サキ・・・」<冷たい視線
A婚「A子ちゃん、年々綺麗になってますから不満があろう筈もないですよ」

くっさ!くっさ!
デレデレしてんじゃねぇよA子!

と思いましたが、まぁ良い人なのはJママからも常々聞いてましたから。

という件を経て。

最終的には友誼をしかと結べました。
私は何度かJママ、Jパパと一緒に会ってますけど。


ボーママ「凄くいい人、というか、見た目よりも・・・・」
私「あなどれないだろ?」
ボーママ「あー、それそれ」

コソコソとキッチンで話してました。

娘は相変わらずA子と大音響で会話してました。仲良いんだよな、こいつら。

そして驚くべきはボーちゃん。

ボーちゃん「おぉ・・・・・・・・・おぉお・・・・・・・おぉおおおぉ・・・・・・おぉお」

自己紹介をした直後、正座をしているA婚さんの膝上に何かアレな感じで座りました。シャツの匂いかぐのは辞めて欲しい。

A婚「え? あはは(笑」
ボーママ「すみません(苦笑」
A婚「いえ、可愛いですねぇ」
A子「この子、超面白いんだよ(笑」
私「・・・ボーちゃんがそこまで懐いた男って始めてじゃね?」
娘「いや、Jの爺ちゃんにも膝の上乗ってた」
私「ああ、そっか」
娘「あと中華屋のタコちゃんだけど、二、三回会ってからだったね」

A婚、大物の兆し。基本的に他人に、特に成人男性に興味無い子だから。ちなみに中華屋のタコちゃんは黙ってるとヤクザですが話すと明るい馬鹿で良い奴です。

A子「色々面倒かけるけど頼むよ」
私「大丈夫だ、問題ない。お前には特に迷惑掛け捲ってきたから何でも言って」
A子「特に迷惑とかは無かったけど。ありがと」

という感じで、懇親会で楽しめました。

A婚、Jパパより狸というか、器がでかい気がします。

面倒だけど目出度いので仕方ない


友人のA子、結婚するの巻。

お見合いしてから二年。やっと今年の秋に結婚だそうです。

私「おめっとさーん」
A子「サンキュー」
Jママ「これで親戚ですねー」
A子「あらためてよろしく」
私「でも随分交際期間長かった?気がしないでもない?」

平均がどのくらいかわかりませんが、結婚を前提に付き合い始めてですからなんとなく長い気がしました。

A子「そりゃあんた、相手の国の言葉喋れないで嫁ぐ訳いかないでしょ」
Jママ「A子、優秀だからもう完璧ですね」
A子「正直今までの勉強で一番きつかったわ。話すだけならともかく習慣とか常識の違い覚えるのがめっさきつかった」
Jママ「もう私より言葉使い綺麗ですね」
私「すげぇな!Jママはもっと頑張れよ!?」
Jママ「サキさんだって日本人のくせに日本語汚いですよ?A子は完璧な標準語です」

あ、品とかそういうな話ね、と納得。
言葉遣いが下品なのは自覚あります。

A子「広東語のが私は馴染み易かったのが最大の罠だったわ。変に齧って一時期こんがらがった」
私「違いが解らん」

仕事辞めて短期留学繰り返してましたからね、この女。
よほど相手と相性が良かったようです。

私「何はともあれおめでとう」
A子「ありがとー。本当に皆のお蔭だよ」
Jママ「A子、頑張ったからね!一族みんな大歓迎ですよ」

Jママの家は親族の仲が良くて定例会も月1で有るそうで、A子は何度も婚約者と台湾に行って親戚と会ってたそうです。

A子「始めは結構当たりキツかったわぁ」
私「あー、まぁ外国人が急にきたら警戒するわなぁ」
Jママ「今まで女運が無かった従兄弟ですからねー、財産狙いって思われてましたよ」
A子「あんだけ桁外れの金持ちだと仕方ないわ」
Jママ「ごめんねー、皆悪気はないんですよ」
A子「解ってる解ってる。それにJママのパパが滅茶苦茶良くしてくれてたから助かったよ」
Jママ「A子、明るいし、育ち良いからパパも気に入ってますね」

黙ってれば基本的に出来る女風味ですからね、A子は。

私「その理屈でいくと私気に入られる要素ないんですけど」
Jママ「お姉ちゃんはお姉ちゃんだから大丈夫ですよ」

何が大丈夫なのか意味不明ですけどね。
確かに会うたびに言葉が流暢になっていくA子は頑張ってる感じが健気に見えてすぐに親族からは気に入られたそうです。
今や「次何時来るの?」と親戚から人気者だそうで。良かった良かった。さすがコミュ力の塊です。

秋にこっちと台湾で式をするそうなので両方参加します。
娘達も全員参加なので今からちゃんとパスポートやら全員分チェックせねば。
面倒ですが目出度いことなので仕方有りませんね。
良かった良かった。
次のページ

FC2Ad